Excel VBAとは? 始め方の解説

Excel VBAは、Excelで使えるプログラミング言語です。Excelでのルーティーンワークを自働化することができるので、幅広く使用することができます。この記事では、Excel VBAを初めて利用する方向けに、VBAの説明と、VBAの始め方を紹介します。

Excel VBAとは

Excel VBAは、OfficeシリーズのMicrosoft Excelで使えるプログラミング言語です。Excelが自身のPCにインストールされている方であれば、誰でも使うことができます。

Excelを自分の好きなようにカスタマイズできるだけでなく、定型的な業務を自動化させることができたり、Excelを用いたアプリケーションを作ることができるのが魅力です。 会社で作られる報告書やデータのほとんどは、VBAで自動で作成できます。身に着けることで、同じような業務を繰り返す必要がなくなり、所要時間を大幅に短縮させられるでしょう。

プログラミングは難しいというイメージが強くハードルが高いように感じられますが、外国語と同じく、使っていくことでどんどんと覚えることができます。勉強したいと考えている方は、まずは簡単なプログラムから書いてみてはいかがでしょうか。

Excel VBAの始め方

①開発ボタンをクリックする

まずはExcelを開いてください。開けたら上部リボンにある「開発」ボタンをクリックしましょう。開発ボタンが表示されていない方は、以下の操作を行ってください。

リボンの左側にある「ファイル」から、「オプション」→「リボンのユーザー設定」と進んでください。

開けたら、「開発」にチェックをつけて、「OK」をクリックしてください。これで、リボンに「開発ボタンが表示されるようになります。

②コードを書くまで

続いて、「Visual Basic」というボタンをクリックしてください。

このような画面が表示されます。下の「イミディエイト」と書かれた画面(イミディエイトウィンドウ)がない方は、「ctl+g」で表示できます。次に「挿入」→「標準モジュール」とクリックしてください。

この表示された画面(コードウィンドウ)にプログラムを打ち込んでいきます。左の「プロジェクトウィンドウ」内の「標準モジュール」からいつでも表示させたいコードウィンドウを表示させることができます。下のイミディエイトウィンドウは、コードの結果を知るときなどに利用します。

③プログラムを保存する

通常のExcel同様、「Ctl+S」で保存できます。ですが注意として、Excel VBAを含むファイルを保存するときには、ファイルの種類を「Excelマクロ有効ブック」にして保存する必要があります。

一度保存したあとは、「上書き保存」で保存していけば大丈夫です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。VBAをマスターすることで同じようなことを繰り返すExcel業務の時間を大幅に短縮できます。入門から身に着けたい関数まで、初心者がマスターすべき記事がそろっていますので、この記事を読んだあとは、ぜひ下記のExcel VBAのタグをクリックして勉強を進めていってください。