Photoshopのパス選択ツールの使い方

Photoshopには、特定のパスだけを選んで移動させることができるパスコンポーネント選択ツールと、特定のアンカーポイントだけを選んで移動させることができる、パス選択ツールがあります。

シェイプツールなどで作成した図形の一部を変形させたいときなどに、非常に便利です。そこで今回は、パスコンポーネント選択ツールと、パス選択ツールについて説明します。

パスコンポーネント選択ツールと、パス選択ツールの違い

screenshot 1,001

パスコンポーネント選択ツール

パスコンポーネント選択ツールは、選択中のパスだけを自由に移動させることができます。

パス選択ツール

選択中のパスだけでなく、ペンツールを使って作成したアンカーポイントも移動させることができます。パスコンポーネント選択ツールの機能も持ちつつ、個別にアンカーポイントの調整もできるため、シェイプを作成するときはパス選択ツールがよく使われています。

詳しいパス選択ツールの使い方について紹介します。

パス選択ツールの使い方

Photoshopのペンツールを使って、ネズミを描画した図です。このネズミは、パスをつないで作ってあります。

動かしたいパスを選択する

はじめに、変形させたいシェイプレイヤーを選択してください。パス選択ツールを選んだ状態で、画面上のシェイプをクリックすると、アンカーポイントが表示されるようになります。

アンカーポイントを選択する

しっぽの向きを変えたいので、しっぽの先端をクリックします。アンカーポイントの色が黒くなったら、動かしたい場所へアンカーポイントを移動させます。

しっぽの位置や向きを変えることができました。

パスが選択できないとき

うまくパスやアンカーポイントを選択できない場合は、現在何のレイヤーを選択中なのか確認してみましょう。背景レイヤーや、鍵のついたレイヤーを選択しているとパスを選択することができません。

動かしたいパスやシェイプが描画されているレイヤーを選択してから、パスを選択するようにしましょう。

まとめ

パスコンポーネント選択ツールとパス選択ツールについて紹介しました。

パスを使って作られたシェイプは拡大・縮小してもジャギーが起こらないという特徴があります。ロゴマークや、スタンプなどは、ペンツールとパスツールをうまく使って作るとよいでしょう。


イベント

2017/12/05(火)
Design Thinking Square