名字と名前で入力フィールドを分割すべきでない理由

anthony

anthony氏はUX Movementの著者であり編集長です。明快で効率的なデザインに美しさを見出し、ユーザーのために喜んで戦います。

この記事はUX Movementからの翻訳転載です。配信元または著者の許可を得て配信しています。

Why Your Form Only Needs One Name Field (2017-02-14)

あなたの作った入力フォームには、名字と名前という2つの入力欄がありませんか? 特にグローバルに展開するようなサービスにおいて、このような入力欄はユーザーが名前を記入するのを難しくしている可能性があり、解決する必要があります。

名字と名前が区切られた入力欄は問題を引き起こす

すべてのユーザーが名字と名前を持っているわけではありません。姓名は文化的背景によって構造がかなり異なるからです。

たとえば、ラテンアメリカ出身の場合、両親から1つずつ姓を引き継ぐため、姓を2つ持っている可能性があります。また、中国出身の場合、名字が先にきて名前が後ろに続くという書式に慣れているでしょう。

このように、すべてのユーザーに名前を2つの固定の欄に入力させることは不可能なのです。自分の名前をどのように分けて入力すれば良いかわからないユーザーは混乱し、名前欄を埋めることができず、サイトのフォームを送信することができなくなります。

「フルネーム」欄の活用

「フルネーム」と書かれた単一の入力欄は、上記の文化的な課題を解決してくれます。フルネームによって、ファーストネーム、ミドルネーム、ラストネーム、ファミリーネームなど、異なる文化のさまざまな名前構造に対応することができ、ユーザーは名字と名前を分割せずに入力することができます。また、これはユーザーが自身の名前を、名字と名前を合わせてひとつの独立したものであると認識していることにも一致しています。

名前欄を分割して、ユーザーをフルネーム以外で呼ぶことができるようにすることもあります。このような場合は、名前を聞く代わりに「あなたのことをどう呼べばいいですか?」と聞いてみても良いかもしれません。この入力欄により、ユーザーは名字と名前の分割という混乱を回避することができると共に、ユーザーは自分が何と呼ばれたいかを指定することができます。

まとめ

名前の構造というのは全世界共通ではありません。あなたのサイトに訪れる人々は様々な国からやってくるかもしれません。このような状況下では、文化的な課題をもつサイトの名前入力欄においても、包括的な解決が必要となります。人生のほとんどのことにおいて、2つは1つに勝るでしょう。しかし、名前の入力欄においては、1つは2つに勝るのです。


イベント

2017/12/05(火)
Design Thinking Square