なぜ優れたユーザー体験においてデフォルトが重要なのか

Nick Babich

Nickはロシアのセントピーターズバーグ出身のソフトウェアデベロッパー/ブロガーです。彼による他の記事はこちらをご参照ください。

この記事はNick Babichからの翻訳転載です。配信元または著者の許可を得て配信しています。

The Power of Defaults (2017-04-12)

デフォルトとは、初めから導入されている初期値や初期設定のことです。一見大したことないように思えますが、デフォルトはユーザーの決断を左右大きな力を持っています。

この記事では、アプリでより優れたユーザー体験を生み出すために、あらかじめ用意された入力フィールドやデフォルト設定をどのように利用するべきか述べていきます。

入力フィールドのデフォルト値

フォーム入力が長いことが原因で、ユーザーはフォーム入力がより簡単なサイトへ移ってしまうことがあります。適切なデフォルト値を提供することで、ユーザーがすべての選択肢を選ぶ手間を省くことができます。

大半のユーザーが必要なものにする

もし事前に決めることが可能な場合は、あらかじめ値をフィールドに入れておくことをおすすめします。ですがその値は、ユーザーの大半(たとえば95%)が選ぶような値にしましょう。オンライン上でユーザーはざっとしかフォームを見ないので、すべての選択肢をユーザーが丁寧に理解しようとすると仮定してはいけません。ユーザーは、すでに値が入っている部分を無意識に読み飛ばしていく可能性があります。

旅行サイトでは優れたデフォルトデザインが見られます。Skyscannerはキャビンクラスと旅行者のフィールドに、あらかじめ典型的なユーザーが選ぶであろう値を設定しています。

賢いデフォルト値を使う

タイピングには高いインタラクションコストが伴います。フルキーボードを使ってもタイピングは間違いが発生しやすく時間がかかるので、タッチスクリーンではなおさらです。そのため、ユーザーの間違いを防ぐために、上手なデフォルト値を使いタイピングを最小限にしましょう。以下に、優れたデフォルト値を使ってどのようにユーザーの間違いを減らして生産性を上げるのか紹介していきます。

  • ユーザーの位置情報をもとにユーザーの住む国をあらかじめ設定しましょう。

もしユーザーの位置情報がメルボルンだとわかれば、国のフィールドにはあらかじめ「オーストラリア」という値が入力されているべきです。

  • 可能な限りたくさんの計算をインターフェイスが行うようにしましょう。以下のスクリーンショットでは、インターフェイスが合計金額をドルで計算し、クライアントにはユーロで表示しています。

データ入力は最小限にしましょう。

ユーザーが注目するべき入力フィールドには使わない

ニュースレターの購読や利用規約に同意するときなど、ユーザーが考える必要があるものには、どれもデフォルト入力を使用しないようにしましょう。

ユーザーが簡単に変更できるようにする

たとえ事前によく調査してデフォルト値を設定したとしても、ユーザーは常にほかのものを欲しがる可能性があります。そのため、デフォルト値は比較的簡単に変更できるようにしておきましょう。

アプリのデフォルト設定

初期設定で完璧にアプリが機能するように徹底する必要があります。アプリでユーザーが何を選ぶか適切に推測できる場合には、デフォルト設定を使いましょう。

ユーザーの役に立つデフォルト

統計的には、たとえカスタマイズできても、ユーザーはめったにアプリ内でデフォルト設定を変更しません。Jared Spool氏は自身の記事である「ユーザーは設定を変更するか?」にて、以下のように述べています。

5%以下のユーザーしかデフォルト設定を変更しない。

別の研究「Facebookのプライバシー設定を分析する(ユーザーの期待と現実)」では、Facebookユーザーはプライバシー設定に混乱していて、デフォルトでは実際のプライバシーよりも厳重に設定されていると考えていることがわかりました。これは次のことを意味します。

ユーザーは、アプリ開発者がユーザーのことを1番に考えていると推測している。

これら2つの要素を考慮すると、アプリのデフォルト設定はとにかく快適で使いやすい状態にするべきです。

  • 人々が製品をどのように使用しているかについて調査してください。ただ何が欲しいかを尋ねるのではなく、どのようにユーザーの目標を達成するべきなのかを見つけ出して、それに基づいてデフォルト設定を作りましょう。
  • すべての重要な設定は、ユーザーにとってもっとも安全で役に立つ設定にしましょう。たとえば、テキスト編集の自動保存などの機能はデフォルトでオンに設定されている必要があります。

適切なアクションをわかりやすくする

デフォルト設定は、ユーザーにして欲しいアクションを促す役割も果たします。Slackは、デフォルト設定の存在とそれをどのように変更するのかをユーザーに意識させる方法の良い例です。

Slackはユーザーにデスクトップの通知を有効にするようにすすめます。

結論

ユーザーはデフォルト設定をそのまま使い続ける傾向にあります。デフォルトは、ユーザーを誘導したり、システム効率を上げたり、上手にアドバイスしてユーザーの応答に影響したりできる、とても強力なツールなのです。