モーダルフォームにおけるコンバージョン率の錯覚

anthony

AnthonyはUX Movementの著者および創設者です。よりユーザーフレンドリーな世界をためのユーザー体験のデザインを学ぶ手助けとなるべく同サイトを創設しました。

この記事はUX Movementからの翻訳転載です。配信元または著者の許可を得て配信しています。

The Conversion Rate Illusion of Modal Newsletter Forms (2017-01-10)

サイトを訪問して、モーダルウィンドウでニュースレターフォームがポップアップされたことはありませんか? もちろんあるでしょう。

現在ではインターネットの至る所にこのポップアップが存在しています。これを多くのサイトが利用しているのには理由があります。しかし、多くのサイトがこのモーダルウィンドウをもう一度考慮し直すべき理由もまた存在します。

高いコンバージョン率が保証される

多くのサイトで、モーダルのニュースレターフォームが利用されています。これは高いコンバージョン率が保証されるからです。サイトを訪問するすべてのユーザーにモーダルは表示されます。モーダルとのインタラクションをする人が多いほど獲得できるメールアドレスも多くなるでしょう。

ほとんどのサイトがニュースレターの購読者数を増やすことを重視しています。そのため、深く考えることなく、モーダルのニュースレターフォームが導入されています。しかし、これらのサイトは、コンバージョン率という錯覚に陥っています。なぜなら獲得できるメールアドレスすべてに等しく価値があるわけではないからです。

コンバージョン率という錯覚

ニュースレターの購読者数が多いのは、誰にとっても嬉しいことです。しかし、これらの購読者が本物なのか偽物なのかという点を見逃しています。モーダルウィンドウを強制的にユーザーに表示して獲得できるのは、本物のメールアドレスばかりではありません。

ユーザーの中には、特に年齢が上がるほど、サイトを見るためにメールアドレスの入力が求められると思っている人がいます。またウィンドウを閉じるボタンを探すのを嫌がるユーザーもいるので、そのような人は代わりに偽のメールアドレスを入力する場合があります。

いずれにせよ、モーダルを閉じるために偽のメールアドレスを入力するユーザーは一定数存在するでしょう。これらのユーザーがニュースレターを受け取ることは決してありません。そのため、購読者数はあまり信頼できる数字ではないのです。また、同じ理由から、モーダルのニュースレターフォームが有効であることを実証することもできません。

エンゲージメントの損失

多少偽のメールアドレスが混ざっていても、それほど悪いことではないと思うかもしれません。しかしモーダルのニュースレターフォームは、ユーザーのエンゲージメントにも影響します。モーダルフォームを用いたことで、あるサイトでは直帰率が高くなり、滞在時間や訪問したページ数は減少しました。コンバージョン率は40%まで増えた一方、直帰率は9%増加し、平均滞在時間は10%短くなりました。また1回の訪問で閲覧されたページ数は9%減少しました。

エンゲージメントの数値はサイト全体に影響するので、購読者数よりも影響力が大きいです。モーダルによってユーザーを失うと、サイトのコンテンツを体験してもらう機会も失われてしまいます。

サイトに滞在する時間が長くなれば、そのコンテンツを楽しんだり製品を購入したりするようになるでしょう。しかしユーザーがモーダルを目撃してサイト訪問をやめてしまうと、そのすべてが失われてしまいます。

ユーザーの中にはモーダルに嫌悪感を抱いたことで、クレームや嫌がらせのメールを送ってくる人もいるかもしれません。実際にあるサイトはこれを経験し、結果的にサイト閉鎖まで追い込まれました。

タスク完了するのに余計な時間がかかる

多くのユーザーは、タスクを達成することを念頭にサイトを訪問しています。モーダルのニュースレターフォームをポップアップ表示すると、そのタスクを妨害してユーザーの気を散らしてしまいます。ユーザーはタスクに戻る前に、モーダルの閉じるボタンを探してクリックしなければなりません。結果的に、タスクを完了するまでに、不必要な時間が加わることになります。

モーダルのニュースレターフォームはユーザーをとても混乱させてしまうので、Googleではモーダルフォームを使用したサイトにペナルティを課すことを決めました。モーダルはユーザーのタスクを妨げるからです。ユーザーがサイトを訪問するのは、ニュースレターを購読するためではありません。コンテンツにアクセスするためです。ニュースレターフォームがコンテンツを妨害することがあってはなりません。

量ではなく質に注目する

多くのサイトでは、購読者数の量が多いことに注目するという間違いをおかしています。Eメールが開封され、クリックされる数が多くないのであれば、購読者数が多いことはただの錯覚です。

そのため、量に着目するのではなく、購読者の質に注目しましょう。質の高い購読者とは、ニュースレターを開封してクリックし、コンテンツを見てくれるユーザーのことです。彼らは偽のメールアドレスを登録することはなく、強制されたからといって登録することもありません。

質の高い購読者を獲得したいなら、自然な形でニュースレターを宣伝することが必要です。モーダルウィンドウは、ユーザーに購読を強いる高圧的な手法です。

宣伝するためのより良い方法

ニュースレターに対するユーザーの関心を持ってもらうために、ユーザーのタスクと関連付けることが必要です。サイトを訪問して買い物をするようユーザーに勧めて、ニュースレターでクーポンやセール品を提供してみましょう。購入ページにニュースレターのフォームを配置することで、質の高い購読者を獲得することができます。その時点のタスクとニュースレターがうまく関連付けられているからです。

買い物をするとき、ユーザーはお金を節約したいと思うでしょう。そのため、このタスクの間にニュースレターに登録するのは自然です。モーダルウィンドウのような唐突なタイミングで、ユーザーに購読を強制していません。

モードレスウィンドウを右下に配置する

ニュースレターのフォームをページに配置したくない場合は、モードレスウィンドウを検討しましょう。モードレスウィンドウはページの右下にポップアップで表示されます。モーダルウィンドウよりはるかにユーザーを邪魔しません。

モードレスウィンドウは、ユーザーが行うタスクの間の上手いタイミングでポップアップ表示されなければなりません。たとえば、ユーザーが記事の最後までスクロールしたあとにポップアップして、記事のアップデートを知らせることができるでしょう。タイミングの合わない静的なモードレスウィンドウは、単なる広告のように見えて無視されてしまいます。

コンバージョン率の錯覚に惑わされない

高いコンバージョン率はWebサイトにおける1つの目標です。しかし、タスクを妨げ、エンゲージメントを失い、ユーザーから反発されてまで達成するものではありません。コンバーション率にしか注目していない人は、モーダルウィンドウのニュースレターフォームの欠点を見逃してしまいやすいです。

ユーザーがニュースレターを購読するという目的のためだけにサイトを訪問している場合は、モーダルウィンドウこそ完璧な手法かもしれません。しかしそれは現実的ではありません。ユーザーはコンテンツにアクセスするために、サイトを訪問します。ユーザーのタスクの最中に、モーダルウィンドウを強制的に表示させることは、長期的に見ればたくさんのものが犠牲になるのです。