iPhoneの位置情報(GPS)をオフにする方法

撮った写真の位置情報を記録したり、現在位置付近にあるお得な情報を取得するといった便利な機能も充実しているGPSですが、バッテリーの消費を考えると、不要なときにはGPSをオフにしたい場合があります。

今回は、iPhoneのGPSをオフにする方法を紹介します。

GPS自体はオフにできない

実はiPhoneにはGPSをオフにするという設定はありません。iPhone自体が様々な動作をするにあたり、GPSの機能が必要となるので、ユーザーが自由にGPSのオン・オフを選択できない仕様になっています。

GPSを利用した「位置情報サービス」のオフ

仕様であるためGPS自体をオフにすることはできませんが、GPSの機能を利用した「位置情報サービス」をオフに切り替えることはできます。

位置情報サービスとは、GPSの信号からユーザーの現在位置を把握して、ユーザーが使用するアプリに対して役に立つ情報を提供するというサービスです。撮った写真の位置情報の記録や、付近のお得な情報の取得も位置情報サービスです。

全ての位置情報サービスをオフにする方法

位置情報サービスの機能を全てオフにすることが一番簡単な方法です。

1. 「設定」アイコンをタップ

2. 表示される項目の中にある「プライバシー」をタップ

3. 表示される項目の一番上にある「位置情報サービス」をタップ

4. 「位置情報サービスのオン・オフ」のスイッチをタップかスワイプでオフ(白色)にする

これで位置情報サービスの機能の全て停止が完了します。

特定の位置情報サービスのみをオフにする方法

アプリごとに位置情報サービスのオン・オフを設定することで、自分にあった位置情報を利用しながら電力消費を抑えるということも可能です。

1. 「設定」アイコンをタップ

2. 表示される項目の中にある「プライバシー」をタップ

3. 表示される項目の一番上にある「位置情報サービス」をタップ

4. 位置情報サービスのスイッチはオン(緑色)にしたまま、下にあるアプリの一覧からアプリごとにオン・オフを設定

ここでアプリごとに位置情報サービスを利用するかどうかを設定することで、自分が欲しいと思う位置情報サービスだけを利用することが可能になります。


イベント