iPhoneのバックアップに時間がかかるときの対処法

iPhone内にある大切なデータを別の場所に保存しておけるバックアップですが、非常に時間がかかるときがあります。時間がかかる原因は様々なので、いくつかの原因とそれぞれの対処方法を紹介します。

Wi-Fi経由でiTunesと接続をしている場合

USBケーブルなしでiPhoneバックアップできるWi-Fi接続は、接続しているWi-Fiスポットに他の端末も接続している状況ではバックアップにかかる時間が長くなります。

これはネット回線の専有度が関係しています。Wi-Fiで転送できるデータ量は水の流れのようなものなので、他の端末のWi-Fiスポットへの接続を解除すると、その分使いたい回線に多くデータが流せるので、バックアップにかかる時間が短くなります。

Wi-Fi接続は環境によって途切れる場合があるので、安定性を求めるなら、次項のUSBケーブルでの接続をおすすめします。

USBケーブルでiTunesと接続している場合

USBケーブルで接続して時間がかかるときは、USBケーブルが断線しかけて接触不良を起こしている可能性があります。この場合、断線していないケーブルに変更することでバックアップの速度が改善されます。

他に、パソコンのOS、iTunes、もしくはiPhone自体に不具合が発生している場合もバックアップが進まなくなります。(ステータスバーを確認すると、バックアップ作業が止まっているように見える)この状態に一番有効なのは、一度バックアップを中止し、改めてバックアップを実行することです。

また、iPhoneとパソコンの接続を切断してもう一度接続し直す、iTunesを再起動してからもう一度接続し直す、パソコンやiPhoneを再起動する、といった処置でバックアップが正常に実行される場合もあります。

iOSをバージョンアップした後の最初のバックアップには時間がかかる

iOSをバージョンアップした後の最初のバックアップは、iOSのバージョン情報を含めた様々なデータを全てバックアップするので、通常のバックアップよりも時間がかかることがあります。

これに当てはまるときは慌てずに、バックアップが終わるのを待ちます。ただし、30分以上バックアップに時間がかかることはないので、30分を超えた場合には何らかの不具合を疑い、一度バックアップを中止してやり直しましょう。


イベント