iPhoneを初期化する方法

日常的にiPhoneを利用する中で、初期化機能を実行する機会はめったにありませんが、時にはiPhoneを初期化した方が良い場合があります。

例えば、長く使い続けたiPhoneが動作不良を頻繁に起こす、インストールしたアプリが正常に起動できない、といったときに、初期化をすることで状況が改善されることがあります。

今回はそのような状況で役立つiPhoneの初期化方法を紹介します。

iPhone単体で初期化する方法

iPhone単体で初期化を実行するには、

1. 「設定」アイコンをタップ

2. 表示されている項目の中から「一般」をタップ

3. 表示される項目の一番下にある「リセット」をタップ

4. iPhoneで実行できるリセット項目が表示される

5. 初期化に該当する「すべてのコンテンツと設定を消去」をタップ

このあとはiPhoneの画面に表示される指示に従って操作を進めると初期化が完了します。

iTunesを使って初期化する方法

1. iPhoneとパソコンを接続してiTunesを起動する

2. ウィンドウの左上近くにあるiPhoneのアイコンをクリック

3. 「概要」の項目を表示する

4.  画面中央付近に、接続しているiPhoneとiOSのバージョン情報が表示される

5. バージョン情報の下にある「iPhoneを復元…」ボタンを押す

これでiPhoneを初期化をすることができます。その後は画面に表示される指示に従ってiPhoneとiTunesを操作します。

初期化をする際の注意事項

可能であれば、初期化の実行前にパソコンにiTunesでiPhoneのデータをバックアップしておくべきです。

iCloudへのバックアップでは必要最低限のデータのみのバックアップなので、iPhoneのデータのほぼ全てを保存できるiTunesへのバックアップがおすすめです。

しかし、一部アプリ内で課金したデータやLINEなどのトークの記録といった、バックアップで保存できないデータもあるので注意しておきましょう。

また、そのようなデータの保存や引き継ぎは、アプリ側で設定できる場合があるので、初期化の前に必ず利用しているアプリの情報を確認するようにしましょう。