「iPhoneを探す」をオフにする方法

「iPhoneを探す」機能は設定を「オン」にしていると、盗難・紛失時などにPCなどからiPhoneがいまどこにあるのかを探すことができる機能です。

iPhoneが部屋の中で見つからないときや、どこかに忘れたときに探しやすい便利な機能ですが、iOSを更新するときやiPhoneを復元するとき、また修理に出すときなどには「オフ」にしなければなりません。

ですが、あまり普段いじらない機能ですので「オフ」にする方法がわからず困った経験はありませんか?

そこで今回は、「iPhoneを探す」をオフにする方法を紹介します。

iPhoneから「iPhoneを探す」機能をオフにする

iPhone上から「iPhoneを探す」をオフにするには、以下の手順で行います。

1. iPhoneの「設定」アイコンをタップ
2. 表示される項目の中ほどにある「iCloud」という項目をタップ
3. 表示される項目の下の方に「iPhoneを探す」という項目をタップする
4. 一番上に「iPhoneを探す」が表示される
5.「iPhoneを探す」の「オン/オフ」スイッチが「オン(緑色)」になっているので、スイッチをタップもしくはスワイプで「オフ」にする
6.  iCloudに接続しているApple IDのパスワード入力が求められるので、パスワードを入力する

以上の操作で「iPhoneを探す」の設定をオフにすることができます。

再び設定を「オン」にする場合は、「iPhoneを探す」の「オン/オフ」スイッチを「オフ」から「オン」に切り替えるだけでよく、Apple IDの入力の必要はありません。

「iPhoneを探す」機能を削除したい場合

また、iPhoneを他人に譲渡する時に「iPhoneを探す」機能をオフにする場合は、PCからiCloud上で行えます。ただし、単に機能をオフにしたいときは避けたほうが良いでしょう。

1. ブラウザからicloud.comにアクセス
2. メールアドレスとパスワードを入力してログイン
3. 「iPhoneを探す」メニューアイコンがあるのでクリック
4. 再度パスワードが求められるので入力
5. 中央上部の「すべてのデバイス」をクリック
6. アカウントと紐付けられているiPhoneがでるのでクリック
7. メニューの「iPhoneを削除」をクリック
8. 再度パスワードが求められるので入力
9. 「アカウントから削除」をクリックしてアカウントからiPhoneを削除

9.の「アカウントから削除」までしないと、新しいiPhoneの持ち主がアクティベートすることができないので注意です。また、iPhoneがオフラインの場合は、iPhoneがオンラインになるまで保留となってしまいます。

「iPhoneを探す」機能はiCloudまたはiPhoneからでしか操作できない

「iPhoneを探す」の設定は、実はiPhoneまたはiCloudからしか操作することができません。

外部からアプリなどを使って「iPhoneを探す」を「オフ」に変更できない仕様なので、例えばiTunesから設定を「オフ」にするということはできません。加えて、登録されているApple IDのパスワードが分からなければ設定を「オフ」にすることができません。

これらの仕様は、iPhoneが盗難にあった際などに、盗んだ人が「iPhoneを探す」を勝手に「オフ」にしてしまい、盗まれたユーザーが自分のiPhoneの位置を探せなくなるといった状況を避けるための処置なのです。

「iPhoneを探す」がオフにできない場合

「iPhoneを探す」の設定は、iPhoneおよびPCがオフライン状態ですとオフにすることはできません。この設定はiCloudのアクセスが必須ですので、iCloudにログインできないといったエラーの場合、電波状況を確認するなどしてみることをおすすめします。

電波状況も良くパスワードも正しいのにオフにできない場合は、ジーニアスバーなどで相談してみると良いでしょう。


イベント

2017/10/06(金)
UX School(全10回)