iPhoneのデータをiTunesでバックアップする方法

iPhoneは生活になくてはならない存在になりつつありますが、それゆえ保存しているデータが消えてしまうと非常に困ります。

連絡先、旅行の写真、スケジュールといったあらゆるデータが、意外なところで消えてしまうこともあります。しかし、バックアップを定期的にしておけば、被害を最小に抑えることができます。

今回はデータを復元iPhoneのデータをiTunesを使ってバックアップする方法を紹介します。

iPhoneとiTunesを接続する

まずはiPhoneとPCのiTunesを接続しますが、これは2つの方法があります。

①USBケーブルを使って接続する

1. iPhone付属のUSBケーブルを使ってPCとiPhone繋ぐ

2. iTunesを起動する

これで接続は完了です。iTunesの設定によっては、PCとiPhoneを接続すると自動的にiTunesが起動する場合もありますが、とにかく基本的な操作はUSBケーブルで繋ぐことです。

②Wi-Fi接続する

PhoneとPCが同じWi-Fiのアクセスポイントを利用している状態で、PCの方でiTunesを起動させている時に利用することができます。

これは一度iPhoneとPCをUSBケーブルで繋いで、iTunesで設定をしておく必要がありますが、一度設定すればiPhoneがUSBポートからバッテリー充電をしている場合やポートが全て埋まっているとき、手元にUSBケーブルがない場合にも接続ができます。

実際にバックアップを実行する

これにも2つの方法があります。

①自動的にバックアップ

1つはiPhoneとiTunesが接続した段階で自動的にバックアップを実行する、バックアップの標準的な方法です。これは自動で行われるので必要な操作はiPhoneとPCを接続するだけです。

②手動でバックアップ

1. iPhoneとPCを接続し、iTunesを起動する

2. iTunesの左上のアイコンの中にある、現在接続されているiPhoneのアイコンをクリック

3. 表示される、画面の左側の設定の項目の一番上にある「概要」という項目をクリック

4, 画面中心あたりに「バックアップ」という項目が表示される

5. その右側にある「手動でバックアップ/復元」という項目の下にある「今すぐバックアップ」ボタンをクリック

これで完了です。すぐにバックアップが実行されます。


イベント