あなたは大丈夫? Androidのセキュリティを強化する方法

社会のデジタル化が進んだ現代、あなたの持っているスマホにはたくさんの個人情報が詰まっています。一度ウイルスに感染したり、データが漏れてしまえばとんでもないことになります。

今回はそんな被害からスマホを守る方法を解説していきます。

スクリーンロック機能を活用する

被害の中でも最も件数が多いのが盗難、もしくは紛失したスマホを勝手に使われたケースです。そんな時のためにスマホには常にスクリーンロックをかけるようにしましょう。

スクリーンロックをかけることによって、設定したパスワードを入力しない限りスマホを使うことはできません。簡単に設定できる機能ですが、その効果は絶大です。

自分だけではなく、電話帳やSNSで繋がっている友達を守るためにも、ロックをかけることをおすすめします。

メールの添付ファイル、URLリンクを不用意に開かない

gahag-0001412901

誰もが一度は経験のある迷惑メール。ただ意味のないメールを送ってくるだけならいいのですが、中には悪質なウイルスを含んだものもあります。

知らないアドレスからのメールに注意するだけではなく、親しい友人からのメールであったとしても、友人のパソコン、スマホが乗っ取られて勝手にメールを送っている場合があるため、本文がないメールや覚えのないURLは開かないことが賢明です。

ウイルスに関しては感染してしまうと相当な被害を被ってしまいますが、メールやURLに注意するだけで被害を減らせることもまた事実です。少しの心がけが、スマホを悪の手から救います。

アプリの権限要求をしっかりとチェック

スマホへウイルスが入ってくる方法は大きく分けて2つあります。メールによる進入と、アプリをインストールによる進入です。

悪質な偽物アプリはインストールした時に個人情報を盗むためのソフトも一緒にインストールさせたり、スマホ自体を乗っ取ってしまうウイルスを送り込んでくることもあります。

身元のわからないアプリや、個人情報へのアクセス許可を求めてくるアプリには十分に注意が必要です。

ウイルスソフトのインストール

 gahag-0046631705

ウイルス対策の最も確実な対策として、有料のウイルス対策ソフトのインストールが挙げられます。

その多くは海外で作られたソフトですが、日本語に対応しているソフトも徐々に増えてきていますので、心配であれば、ウイルス対策ソフトのインストールをおすすめします。

まとめ

今回ご紹介したように、少しの心がけで被害を未然に防ぐことができます。自分の大切な情報を守るためにも、スマホのセキュリティ対策は万全にしておきましょう!


イベント