Facebookビジネスアカウントの作り方

Facebookは個人で楽しむだけでなく、企業や各種団体が様々な情報発信やアピール、更にはwebマーケティングを行う場としても利用できます。

今回はFacebookでビジネスアカウントを取得する方法を紹介します。

ビジネスアカウントは個人アカウントと何が違うのか

ビジネスアカウントは個人アカウントとは別物で、以下の機能が使えます。

●実名以外での登録が可能(企業名や法人名等)

●広告サービスでの配信が可能

●インサイト機能(アクセス解析機能)が使用可能

●Facebookユーザーでなくても情報の閲覧が可能

このように幾つかの機能が利用できますが、一部個人アカウントでないと使えない機能もあります。

基本的には広報やPRのために公的な仕様になっているので、企業や団体が情報発信の場としてオススメです。個人アカウントとほぼ同じ機能が使えるほか、Facebookユーザーではない方でもページの閲覧ができるので情報公開の幅が広がります。

まずは個人アカウント取得が必要

2016年2月現在Facebookではビジネスアカウントの取得ができません。

新しいFacebookページの作成には個人アカウントが必要になるので持っていない場合は取得しておきましょう。

Facebookページの設定をする

個人用アカウントの取得が済んだら企業名や団体名、説明文を入力してFacebookページを設定しましょう。詳しい手順は以下を参考にしてください。

1. Facebookの個人ページの右上の「▽」メニューから「ページを作成」を選択

facebook_businesspage_1

2. 6つの分類が表示されるので、ページを作成したい項目にマウスオーバーします
facebook_businesspage_2

それぞれにマウスオーバーすると、ページの種別と名称が入力できます。既に同じ名称のページが有る場合は上部に赤くエラーが出ます。

3. 簡単な説明や関連サイト、固有URLを入力

無事登録されると、各種設定に移ります。

facebook_businesspage_3

4. プロフィール写真を登録する

PCからアップロードするか、ウェブサイトからインポートするか選べます。

facebook_businesspage_4

5. 自分のページの左サイドバーへお気に入りに追加

作成後、自分のFacebookページからすぐアクセスできるように左メニューに登録することができます。

facebook_businesspage_5

6. ページのターゲットユーザーを設定する

このページを見て欲しい層の情報を入れることで、その層にアピールすることができます。例えば特定の地域や、年齢層、性別など、わかっている場合は入力しておきましょう。

facebook_businesspage_6

7. ビジネスページのチュートリアル

これでページは完成ですが、ページの使い方のチュートリアルが吹き出しで始まります。一通り見ておきましょう。

facebook_businesspage_7

8. 完成

これでビジネス用Facebookページの設定は完了です。

facebook_businesspage_8

細かい情報等はページを設定した後からでも変えられるので状況に応じて変更しましょう!

まとめ

いかがでしたか? Facebookはうまく活用すればユーザーとのコミュニケーションにも使えますし、先ほどのターゲティングのような仕組みもあり、webマーケティングに絶大な効果を発揮してくれます。

業種や団体の性質によって色々な運用方法がありますので、他のビジネスページを参考にして、早速運用してみましょう!