Google Playストアから正常にダウンロードできない時の対処法

Android端末のスマホではGoogle Playストアからアプリをダウンロードしますが、時折ストアからアプリがダウンロードできなくなってしまうトラブルが発生したりします。

今回はそういった場合にどうすればいいかをご紹介したいと思います。

Google Playストアのキャッシュとデータを消去

設定画面より「アプリケーション」を選択しアプリケーションの管理へと進みます。そこで「Google Playストア」を選択しデータの消去を実行してください。

次に、「ダウンロードマネージャー」のデータも同様に削除します。

そこまで終わりましたら、もう一度アプリのダウンロードとインストールを試してみてください。

アプリのアップデートの際にはSDカードのマウントを解除

既にダウンロードしているアプリをアップロードする場合、アプリをSDカードに入れているとエラーが発生する可能性があります。SDカード移行しても平気だとされるアプリでも、このエラーは発生するそうなので注意してください。

対処方法としてはSDカードから対象アプリを本体に戻し、「設定」から「SDカードのマウント解除」を選択し解除が終わりましたら再びアップデートを試してください。

モバイルデータのバックグラウンド制限

3G通信にて、まれにGoogle Playストアからダウンロードできなくなるそうです。その場合は「設定」から「データ使用」をタップ、「メディア」の「バックグラウンドデータ制限」にチェックが入っていると、3G通信でGoogle Playストアからダウンロードできなくなる場合があるそうです。

アプリをアンインストール後、再インストール

おそらくこちらをご覧の方にとってとりたくない最終手段だと思います。再インストールになりますので、アプリによってはデータが消えてしまう恐れがありますので注意してください。

「設定」より「アプリケーション」を選択し、「アプリケーションの管理」からエラーが発生しているアプリをアンインストールしてください。

まとめ

AndroidはアプリをSDカードに移せたり、様々なカスタマイズアプリが導入できたり、やれることがたくさんある分、エラーとなる要因も多いです。

こちらでご紹介したのは一般的な対処法の一部でしかありませんので、お持ちの機種や、入れているアプリなどでも調べてみるといいかもしれません。