万が一に備えて!スマホのアドレス帳をGoogleで管理する方法

スマートフォンの機種変更の際に、電話帳の移し換えの方法がわからなくて苦労した経験をお持ちの方は多いのではないでしょうか。

そんな時、Googleアカウントに電話帳を保存しておけば、面倒な手続きは一切なく、新しいスマホでもメールアドレスを使用できます。

また、盗難時やスマホをなくしてしまった時にも便利なので、一度やっておくことをオススメします。

Googleアカウントとの同期設定

「アカウントの同期」なんてややこしいのでは? と思う方もいるかもしれませんが、実はそんなことはありません!

Androidの電話帳画面を開き、「設定」タブから「アカウントと同期」ボタンを押し、同期したいGoogleアカウントを決めるだけ。それだけで自動で同期が始まり、バックアップが可能になります。

Googleアカウントを持っていないという方も、アカウント取得はほんの数分で終わりますので、ぜひ試してみてください。

バックアップと同時にコピーもとっておけば二重で安心!

前述した方法でGoogleアカウントとは同期したけど、それだけでは不安だという方にはさらに、同期しながらの保存をおすすめします。

保存場所はスマートフォンの内部ストレージか、SDカードのどちらかになります。保存方法は電話帳の「メニューキー」を押したあと「連絡先エクスポート」ボタンを押すだけです。

連絡先がSDカードと内部ストレージ両方に入っていて、わからない! という方はそのまま「アカウントと同期」ボタンを押して、Googleアカウントへ全て送ってから整理することも可能です。

Googleと同期することのメリット

 lgf01a201501140800 

スマホの電話帳とGoogleの電話帳を同期することのメリットは大きく分けて2つあります。

1つは「機種変時、紛失時に便利」であることです。ネット上にアドレスを保管することによって、スマホを紛失した時もメールアドレスがわからなくなってしまうことなく、別のスマホやパソコンへデータを移すことができます。

もう1つのメリットは「パソコン上でアドレスの管理ができる」ことです。煩わしいアドレスの管理もパソコン上でまとめて行うことで作業効率は格段にアップします。

ぜひ、定期的なバックアップと整理整頓を!

メールアドレスは新しい職場や友人ができるたびに増えていきます。いざという時に困らないためにも、定期的なバックアップと、アドレスの整理整頓を心がけたいですね!


イベント