Android OSのアップデートの方法

Android端末のOSバージョンアップについてはインターネットを通じてできる事がメリットです。

OSのアップデートに関してはメーカーやキャリア間で問題がないと認められてから通知がくるようになっています。

1. アップデートの準備から始める

OSのアップデート通知が来たからといってすぐにアップデートするのは止めましょう。まずは以下の事について確認をしてください。

1. アップデートが途中で途切れないようにするため通信状態を確認しておきます。wifi通信ができる場所が望ましいです。

2. OSのアップデートが始まったら本体の電源を切ってはいけません。バッテリーが途中で無くならないようにする事も重要ですのでバッテリーの残量を確認しておきましょう。acアダプターに繋いでおけば大丈夫です。

2. 更新情報をダウンロード

「設定」から「端末情報」を選び「androidバージョンアップ」をタップします。バージョンアップが可能であるかを確認したら次の手順へ進みましょう。

3. 実施方法を選択する

・今すぐ実施(wifiのみ)

wifi接続ですぐに更新ファイルをダウンロードします。「ダウンロードしてインストール」か「ダウンロードのみ」のどちらかを選択するとインストールが完了と端末が再起動します。

・予約して実施(wifi・xi)

自動で設定された時刻に更新ファイルをダウンロードします。上記と同じでインストール後に端末が再起動されます。

バージョンアップを実施しない

バージョンアップをせずに終了します。

4. アプリをアップデートする

OSをアップデート完了したら今度は関連するアプリをアップデートします。アップデート一覧画面でアプリのアップデートを確認しましょう。更新がある場合はアップデートを行います。アプリのアップデートを行わない場合、動作が不安定になる恐れがありますので注意してください。

まとめ

OSのアップデートはそれほど難しい事ではありません。ほとんどの場合が通知が来たらそのまま流れに沿ってタップしていけば完了します。

ただしアプリのアップデートやデータのバックアップなど、注意する事がありますのでそこだけ気をつけてください。