iPadの容量の選び方

iPhoneを筆頭に大人気のApple製品ですが、Appleのタブレットと言えばiPadです。iPadにはいくつかモデルがあり、色や容量がモデルごとに決まっていますが、特に容量に関しては、購入後追加や変更ができない為、自分にあった物を選ぶ必要があります。

今回はiPadの購入を考える際に気にしたい容量についてご紹介します。

iPadの容量と価格

モデルごとの価格

iPadの容量は16GB~128GBあり、価格も異なります。16GBから32GBの様に容量が倍になっても価格は倍ではありません。Wi-FiモデルとWi-Fi+cellularモデルでも価格に差がありますので一覧でご紹介します。※2016/1/29時点の価格表(税抜き)

iPad Pro (シルバー/ゴールド/スペースグレイ) Wi-Fi/Wi-Fi+cellular

・32GB 94,800円

・128GB 112,800円/128,800円

iPad Air 2 (シルバー/ゴールド/スペースグレイ) Wi-Fi/Wi-Fi+cellular

・16GB 53,800円/67,800円

・64GB 64,800円/78,800円

・128GB 75,800円/89,800円

iPad Air (シルバー/スペースグレイ) Wi-Fi/Wi-Fi+cellular

・16GB 42,800円/56,800円

・32GB 47,800円/61,800円

iPad mini 4 (シルバー/ゴールド/スペースグレイ) Wi-Fi/Wi-Fi+cellular

・16GB 42,800円/56,800円

・64GB 53,800円/67,800円

・128GB 64,800円/78,800円

iPad mini 2 (シルバー/スペースグレイ) Wi-Fi/Wi-Fi+cellular

・16GB 31,800円/45,800円

・32GB 36,800円/50,800円

CellularモデルはWi-Fiモデルより15,000円前後高くなっている為、用途に応じて選択する事をお勧めします。

適正容量の目安

始めて購入を検討する方、プレゼント用に検討する方用途はさまざまだと思います。使用用途、使用環境により適正容量が異なりますのでご紹介します。

【16GB】iPadはネットサーフィンメインで、あまりカメラやアプリは使わない。

【32GB】適度に写真を撮ったり、ゲームをしたい。

【64GB】気兼ねなく写真や動画を撮りたい・アプリを落としたい。

【128GB】漫画や映画が好きで、電子書籍や動画をたくさん持ち運びたい。

容量は追加出来ないのか

iCloudサービスやアプリを駆使する事で容量を最大限に使用する事が出来ます。

容量が上がる毎にかかる費用は10,000円程度。設定などが煩わしいと感じる方は大きめの容量を選ぶと良いです。ご自宅にWi-Fi環境がある方やiPhoneからテザリングで接続する方はCellularモデルを購入する必要は無いので、その分のお金を容量に回せるかもしれませんね。

使用する場所、環境、用途に合わせて自分にあったiPadを見つけていただければと思います。


イベント