LINEで友達を追加する5つの方法

全世界での登録者は9億人を超え、最大のコミュニケーションツールとなっているLINE。インストールしている人も多いと思います。

今回はLINEを始めたばかりの方へ向けて、様々な友達の追加方法を紹介していきたいと思います。

便利だけど扱いには要注意な「自動追加機能」

screenshotshare_20160207_151808

インストールした直後にも出てくる「友だちの自動追加」機能、これはユーザーのスマホに入っている電話帳を検索して、その中でLINEに登録している人を自動で登録してくれる機能です。

非常に便利な機能ですが、個人情報の流出に関わる可能性もあるので、注意が必要です。

メールや口頭で簡単友達登録できる「検索追加機能」

screenshotshare_20160207_151836

LINEには、インストールした際にユーザーそれぞれにIDが付与されています。年齢確認を完了すると、このIDを使って、友達を追加することができます。

この機能は友達と直接合わなくても、メールや電話でIDを教えてもらえば、すぐに追加することができるので便利です。

直接会っているなら最も簡単で確実な「QRコード」で

ユーザーIDを打ち込むのが面倒だという人にはQRコードでの友達追加がオススメです。

友達と直接会った時に、友達か自分、どちらか一方のQRコードを読み込めば双方で追加が完了します。最も簡単で確実な方法です。

友達と楽しくID交換「ふるふる機能」

screenshotshare_20160207_151824

LINEの特徴とも言えるこの機能、その名前の通り、一緒にいる友達とスマホを振るだけで連絡先が交換できてしまうすごい機能です。友達や異性と楽しみながら連絡先が交換できます。

ただ、この「ふるふる」は、判定が少しシビアで、息が合わないとうまく接続できず、連絡先の交換ができません。無難にQRコードで交換するか、楽しみながらふるふるで交換するかはあなた次第です。

招待から追加も

こちらはLINEを使っていない人を招待する方法です。

メニュータブの「招待」というところから、招待したい相手にSMS、もしくはEメールでメッセージを送ります。招待した友達は自動的に友達に追加されるので、LINEをやっていない友達を招待するときにはぜひ使ってみてください。


イベント