iPhoneバッテリー残量をパーセント表示する方法

生活のなかで欠かせないものとしての地位を確固たるものとしているスマートフォンですが、一番の敵は「バッテリーの残量」ではないでしょうか?

Android端末と違い、予備バッテリーに交換することが出来ないiPhoneでは特にバッテリー残量の管理は重要です。そこで、バッテリー切れで辛い思いをしないための、バッテリー残量のパーセント表示方法について紹介します。

iOS標準の表示方法

iPhoneを動かすiOSには標準でバッテリー残量をパーセント表示させる機能があります。

使用しているiPhoneiOS9であれば、

1. 「設定」アイコンをタップ

2. 「設定」の項目内の中ほどにある「バッテリー」をタップ

3. 上から二番目に表示された「バッテリー残量(%)」という項目内のスイッチをタップかスワイプして「オン(緑色)」にする

これでパーセント表示にできます。

iOSが4~8の場合には、

1. 「設定」アイコンをタップ

2. 「設定」の項目内の「一般」をタップ

3. 「使用状況」をタップ

4. 「バッテリー残量(%)」という項目内のスイッチiOS9と同様に「オン」にする

これで設定は完了です。

アプリを利用して表示する方法

販売、配布されているアプリを利用してバッテリー残量を表示する方法もあります。

これらのアプリは、バッテリー残量をパーセント表示させるだけではなく、例えば残りのバッテリーで通話ができる時間やWi-FiBluetoothをオフにした場合に延長できる使用時間を表示するもの、バックグランドで稼働しているアプリの消費電力量を表示するもの、天気情報やiPhoneのストレージ管理といったバッテリー管理以外の機能が付いているものもあります。

無料のアプリもとてもたくさんあるので、いろいろなアプリを試して自分の用途にあうアプリを探しましょう。


イベント