iPadとiPhoneを同期させる方法

スマートフォンとタブレットを持っている場合、片方のデバイスにあるデータを両端末で共有できたらとても便利になります。そこで、今回はAppleが提供するiCloud・iTunesを使ってiPadとiPhoneを同期させる方法を紹介します。Apple製品はハードからソフトまですべてを自社で制作しているので、iPadとiPhoneはデータ共有(同期)も円滑に行えます。

同期とバックアップの違い

同期とバックアップは似てるようで違います。簡単に説明すると同期=共有、バックアップ=保存です。PCにある最新の音楽データをiPadでも同様の状態にすることが同期で、データの消失に備えてiPhoneのゲームのデータや写真をPCに保存するのはバックアップです。

同期することのメリット

とくに「連絡先/カレンダー」「ブックマーク」「リマインダー」「メモ」「フォトストリーム」を同期すると、とても便利になります。たとえば、どの端末からでもスケジュールを変更することや、iPadで作成したメモをPCで編集し資料を作成するといったことが可能になります。

Apple IDが必要

アプリを購入したりiCloudを利用する為にはApple IDが必要です。必要に応じて作成しましょう。

iTunesで同期

これにはiPadに付属していた充電用のケーブルと、iTunesのインストールされたPCが必要です。まずiTunesを起動し、ケーブルをPCに挿しiPadを接続します。同期可能項目は主に画面上に表示されていますが、PCやiPadに入っていない項目は表示されない事があります。

  • 情報:連絡先やカレンダー
  • App:App とファイル共有
  • Podcast:Podcast
  • iTunes U:iTunes U コース
  • ブック:ブックや PDF ファイル
  • オーディオブック:オーディオブック
  • 着信音:着信音や通知音など
  • 写真:写真

これらの項目を同期することができます。

iCloudで同期

iCloudで同期できる項目は本体設定で確認することができます。

「設定」→「iCloud」と進み、そのページに表示されている項目が同期項目です。設定を「ON」にするだけで同期が完了します。PCで設定している場合「結合」と表示される場合がありますが、そのまま「結合」を押します。

iCloudの空き容量は、Apple ID毎に5GBが無料で提供されています。追加購入で容量を増やすこともできます。

iCloud追加料金(月額制):50GB/130円、200GB/400円、1TB/1300円

最初の設定は少し複雑ですが、一度設定すればとても快適になるはずです。


イベント

2017/10/06(金)
UX School(全10回)