LINE IDを検索する方法と検索できないときの対処法

イベントや懇親会、パーティーなどでLINE交換の機会もよく見られますね。

ふるふる機能やQRコードでの認証もありますが、ふるふるがうまくいかなかったり、会場が暗くてQRコードがうまく読み取れなかったりということもあります。

そんなときにより確実なのがLINE IDでのLINE交換です。その場ではしっかりLINE交換したと思って帰宅していざ検索しようとしたら、「あれ、できない!」なんていう経験はありませんか?

今回はそんなときの原因と対応方法について説明します。

LINE ID の検索方法

「友だち追加」から「ID/電話番号」を選びます。この画面から教えてもらったIDを入力します。

ID入力

LINE IDが検索できないときは

LINEIDを教えてもらい、いざ検索!してみたけれど、検索できなかったということありますよね。

LINEIDが検索できないのにはいくつか原因があります。大きく分けてこの3つです。

1)自分のLINE ID検索機能をONにしていない

2)相手のLINE ID検索機能がONにされていない

3)相手が「IDで友だち追加」を許可していない

LINE ID検索をONにする方法

まず、1)自分のLINE ID検索機能をONにしましょう。

1)自分のLINE ID検索機能をONにする

このページの歯車マーク、「設定」を押しましょう。

設定

「年齢確認」という項目がありますので、こちらを選びます。

年齢確認

「年齢確認をしますか?」という表示が出ますので、「はい」を選びます。

auやsoftbank、docomoなどお使いの携帯電話会社の会員専用ページにとびますので、ログインしましょう。softbankの場合、「LINEに以下の情報を提供しますか?」という表示が出ますので、「同意する」ボタンを押します。

LINEに以下の情報を

同意する

「年齢認証結果」の項目に「ID検索可」と出ます。

ID検索可

これで自分からはIDで検索できるようになりました。

2)相手にLINEID検索機能をONにしてもらう

相手も1)と同様に年齢確認をしている必要があります。IDができている時点で年齢確認できていると考えられますので、3)相手が「IDで友だち追加」を許可していない可能性を探ってみましょう。

3)相手に「IDで友だち追加」を許可してもらう

これは相手がプロフィール画面の「IDで友だち追加を許可」をオフにしている状態です。

プロフィール

ID追加オフ

「IDで友だち追加を許可」の項目がオフになっていますね。この場合、相手に一時的に「オン」にしてもらうか、あなたご自身のIDを伝えて検索してもらいましょう。

ID検索オン

「IDで友だち追加を許可」をオンにしてもらいました。これで相手のLINE IDを検索することができるようになりました。

※いずれの場合も18歳未満の場合にはID検索ができないようになっていますので、18歳未満のお友達とつながるためにはふるふる機能やQRコードなどが確実です。

できるだけその場でID検索を!

せっかく仲良くなってIDを教えてもらったのに検索できないと困りますよね。自分が「ID検索可」の状態になっているか、相手が「IDで友だち追加を許可」しているかが重要なポイントです。

帰宅してしまってから「あー!検索できない!」とならないように、できるならIDを教えてもらったその場で検索してみましょう。