イラストレーターで図形の塗りつぶしをする方法

Illustratorで図形を描いて塗りつぶしてみましょう。

このソフトではイラストを「鉛筆や絵の具を使うように」描く事には向いていません。その一方、綺麗な直線や曲線、正確な円や正方形は非常に簡単に描く事ができます。

今回はこうした美しい図形を描き、それを塗りつぶす基本的な方法をご紹介したいと思います。

綺麗な図形を塗りつぶす

まずはIllustratorに最初から用意されている図形作成ツールを使い、綺麗な図形を描いて塗りつぶしてみましょう。

ツールバーから長方形ツールを選択します。

01

選択したらドキュメント上で自由にクリック&ドラッグしてみます。

02

長方形ができたと思います。

ちなみにキーボードのShiftキーを押しながらクリック&ドラッグすると正方形になります。

次にツールバー下の塗りをダブルクリックし、好きな色を選択してみましょう。

03

先ほど作成した長方形が選んだ色で塗りつぶされました。

既にお気づきの方がいるかも知れませんが、図形ツールを作成して描かれた図形はデフォルトでは最初から塗りつぶされています。最初は真っ白な色で塗りつぶされていた訳ですね。

逆に塗りつぶしを非表示にするには、ツールバー下の塗りのさらに下の、赤く斜線の入ったアイコンを押してみてください。

07

見た目は白い塗りつぶしに戻ったようですが、これで塗りつぶしが非表示になりました。

06

背後にオブジェクトを置くと透けて見る事ができます。

自由に図形を描いて塗りつぶす

次は図形ツールではなく、自由に描いた形を塗りつぶす方法です。

まずツールバーからペンツールを選択しましょう。

05

選択したらドキュメント上を適当にクリックしていきます。

08

どうですか?クリックした場所が自動的に線で結ばれ、図形を作ることができます。

09

塗りつぶしの方法は先ほどと同様、ツールバーの塗りをダブルクリックし、好きな色を選択します。

このように、図形ツールやペンツールで作成した図形は、塗りつぶすというよりも最初から設定された塗りの色を変える意味合いが大きいです。

塗りにはグラデーションやパターンを設定する事もできるので、色々試してみてください。自分だけのワンポイント図形をたくさん作っておけばきっと役に立ちますよ!


イベント