イラストレーターで図形を反転させる方法

皆さんはIllustratorでハートマークを作る時にどうしていますか?

様々な方法があると思いますが、今回は正確な左右対称のハートマークを作るためオブジェクトの反転方法を紹介したいと思います。

10

まずは半分だけハートを作る

右でも左でも構いませんので、まずはペンツールを使用してハートの半分を作りましょう。

01

リフレクトツールを使う

次に、リフレクトツールを使用します。

02

ツールバーの中にあるリフレクトツールアイコンをダブルクリックすると…

03

このような編集ウインドウが表示されました。

この設定を色々といじって反転の角度をかえていきます。

編集項目の簡単な解説は以下のとおりです。

●リフレクトの軸

水平なら上下反転、垂直なら左右反転します。角度を設定すると、その角度を軸として反転します。

●オプション

オブジェクトの塗りにパターンを設定している場合パターンだけを反転させたり、逆にオブジェクトだけを反転させたりできます。


今回は左右反転なのでリフレクト軸を垂直に設定。

もとの画像を残したまま反転させたいのでコピーをクリックします。

すると…

04

あれ? ハートが重なってしまいました。

これではいけませんね。

実は画像をよく見ていただくと分かりますが、リフレクトツールを選択すると薄い水色のターゲットが表示されます。

05

反転はこのターゲットを中心として行われます。綺麗なハートにしたい場合、反転の中心はハートの割れ目に持っていかなければなりません。

リフレクトツールを選択したままハート右端の垂直部分をキーボードのAltキー+ダブルクリックしましょう。

06

あとは先ほどと同じ設定でコピーします。

07

今度は綺麗にハートができました。

小さな図形を規則正しく反転・回転させるだけで綺麗なパターンができるのでぜひ試してみてください。


イベント

2017/12/05(火)
Design Thinking Square