PHPのwhile文の書き方

PHPのwhile文の書き方について紹介します。

while文を使用して繰り返して処理を行う

while文とはある条件式が与えられ、それが真の間、繰り返し処理を実行するための文です。

while文の書式は以下のようになります。

while ( 条件式 ) {
    条件式が真の間、繰り返し実行する処理
}

以下のコードはwhile文を使った例です。

<?php
$num = 0;
while ( $num < 5 ) {
    echo "$num\n";
    $num = $num + 1;
}
?>

上の実行結果は以下のようになります。

0
1
2
3
4

上の例は「$num」という変数を出力し、「$num」の変数に1を足す処理を繰り返しています。「$num」が5になったとき条件式が「5 < 5」となり条件が偽となるので、0から4まで出力した後にwhile文から抜け出し処理が終了しています。

while文が終わらない場合

もうひとつ例をみてみましょう。
次は「$num」が-1未満になったときに処理が終了する例です。

<?php
$num = 0;
while ( $num < -1 ) {
    echo "$num\n";
    $num = $num + 1;
}
?>

この例の場合「$num」は1が加算されていくので-1未満になることはありません。このような場合プログラムは無限ループになってしまい、延々と「$num」の値が出力されてしまいます。長時間プログラムが終了しない場合などはwhile文やfor文が正しく記述されているか確認してみましょう。


イベント