【useradd, passwd】Linuxでユーザー作成しパスワードを設定する

Linuxでユーザーを新規追加し、パスワードを設定する方法を説明します。

【useradd】ユーザーを新規作成する

新しいユーザーアカウントをアカウントを作成する方法を説明します。

$ useradd ユーザー名

これで新しくユーザーを追加できました。

グループを設定するのは、「-g」オプションを使います。

$ useadd -g グループ名 ユーザー名

CentOSとDebianにはあらかじめsudoコマンドを利用できるグループが用意されており、CentOSの場合はwheelグループ、Debianの場合は、sudoグループとなっています。

Linuxのユーザー名に使える文字・記号

ユーザー名の制限はに使用できる文字は、英数字に加え「-(ハイフン)」と「_(アンダーバー)」がありますが、ユーザー名の先頭には「-(ハイフン)」は使えません。また、末尾のみ「$」が使えます。

さらに文字数は、1文字以上32文字以内という制限があります。しかし、3文字以上8文字以内にするのが望ましいです。

【passwd】パスワードを変更する

さらに、パスワードを設定するには「passwd」コマンドを使います。

$ passwd ユーザー名
  ユーザー ユーザー名 のパスワードを変更。
  新しいパスワード:

上記のように、新しいパスワードの入力を2度求められます。これで、ユーザーの追加・パスワードの変更が完了です。

さらに、ユーザーに対して「sudo」権限を与えるなどの設定をする場合は、「visudo」コマンドなどで設定できます。


イベント

2017/10/06(金)
UX School(全10回)