Twitterで返信(リプライ)をする方法

Twitterでユーザーのツイートに対して返信することや相手を指定して話しかけることをリプライといいます。返信(リプライ)を送った人と送られた人の両方をフォローしているユーザーのタイムラインには表示されますが、どちらか片方のみをフォローしている第三者のタイムラインには表示されません。

返信(リプライ)の方法

まず、ツイートのはじめに「@」に続けて、相手のIDを入力します。「@」を付けることで「あなた宛てのツイート」ということを表しています。

replay1

このまま投稿フォームにツイートを入力すれば、相手にツイートが届きます。

リプライ専用ボタン

各ツイートの端に表示される矢印(←)がリプライボタンです。これをクリックまたはタップすることで、投稿フォームに自動で「@相手のID」が書き込まれます。あとは、返信内容を書き加えてツイートボタンを押せばリプライの完了となります。

ですが、「@相手のID」を書く位置によっては表示範囲が変わることがあるので気を付けましょう。「@相手のID」を文頭に入力した場合は、リプライ相手と、自分のフォロワーのうちリプライ相手もフォローしているユーザーのタイムラインにのみ表示されます。「@相手のID」をツイートの途中に入力した場合、通常のツイートと同じように、自分の全てのフォロワーのタイムラインに表示されます。

また、@の前にピリオドを入力し、「.@相手のID」することで、リプライを自分のフォロワー全員のタイムラインに表示させることができます。このように使い分けているユーザーも多いようです。


イベント