Twitterの通知が来ないときの対処方法

Twitterには、通知という機能があります。通知される内容はカスタマイズでき、リプライが来たり、自分の投稿がリツイートされる時などに、それを知らせてくれるものです。

しかし、Twitterのフォローやリツイートの通知が来なくなってしまうことがあります。そのようなときには、通知設定を見直してみましょう。

間違った設定をしていたり、関係ないと思っていた設定が影響している場合があります。

通知の種類

通知には4種類あります。

  • 通知タブ:アプリの通知タブに通知される
  • メール通知:メールで通知される
  • ウェブ通知:ポップアップで通知される
  • プッシュ通知:iOS/Androidの端末に通知される

今回は端末側の設定とTwitter自体の設定と分けてご紹介します。

端末の設定(iOS)

プッシュ通知

以下はTwitterアプリ外での操作になります。

20160210_123159000_iOS

  1.  ホーム画面から「設定」をタップし、設定画面に移動します
  2.  「通知」をタップします
  3.  「通知」画面から「Twitter」を探してタップします
  4.  通知を許可を右にスライドさせ、オンにします

20160210_123305000_iOS

これで、Twitterのすべてのプッシュ通知が有効になります。逆にオフにすると、Twitterに関するすべてのプッシュ通知は届かなくなります。

Twitterの設定

プッシュ通知

iPhone

  1.  Twitterアプリを起動し、「プロフィール」で歯車の形の設定アイコンをタップします
  2.  「設定」 を選択します
  3.  設定するアカウントを選択します
  4.  「モバイル通知」をタップして、受け取る通知を選択します

Android

  1.   Twitterアプリを起動し、トップメニューの右上に省略表示されているアイコンをタップします
  2.  「設定」 を選択します
  3.  「通知」をタップします
  4.  「モバイル通知」をタップして、受け取る通知を選択します

メール通知

  1. Twitterにアクセスし、設定を開きます
  2. 「アカウント」もしくは「ユーザー情報」でメールアドレスを確認します
  3. (ここからはPCのみ)設定の画面に戻り、「メール通知」を選択します
  4. メール通知を有効にします

メール通知設定画面で「メール通知が有効です。」と表示されていたら、設定は完了です。

ウェブ通知

ウェブ通知もブラウザからのみとなっています。

  1. Twitterにアクセスし、設定を開きます
  2. 「ウェブ通知」を開きます
  3. チェック項目を確認します(チェックが外れているものは通知が来ません)

まとめ

通知設定は、オフにした覚えがなくてもオフになっていることがあるようです。Twitterの通知が来なくなってしまった場合、今回ご紹介した方法を試してみてください。