【count】PHPで配列の要素数を取得する方法

PHPのcount()で配列の要素数を取得する方法を紹介します。

配列の要素数を取得する

配列の要素を取得するときにcount()を使用します。count()はある配列に対してその要素数がいくつあるかを返す関数です。

count()の書式は以下のとおりです。

変数 = count(配列, [ モード ] )

第2引数は省略できますが、第2引数に「COUNT_RECURSIVE」を渡すことによって再帰的に配列の要素数がカウントされます。

以下はcount()を使用した例です。

<?php
$color = array("red", "yellow", "blue");
$count = count($color);
echo $count;
?>

上の実行結果は以下のようになります。

3

次は、配列が入れ子になっている場合の例です。

<?php
$color = array("red", "yellow", array("blue", "white"));
$count = count($color);
echo $count;
?>

これの実行結果は以下のようになります。

3

配列が入れ子になった場合も、配列がひとつの要素と見なされるので上のような結果になります。

では、count()の第2引数に「COUNT_RECURSIVE」という引数を渡してみるとどういう結果になるのでしょう。

具体的な例を示します。

<?php
$color = array("red", "yellow", array("blue", "white"));
$count = count($color, COUNT_RECURSIVE);
echo $count;
?>

上の実行結果は以下のようになります。

5

要素数は入れ子の中の要素も含めて全部で4個ありますが、配列(array)自身も要素と見なされ、5個とカウントされます。


イベント

2017/12/05(火)
Design Thinking Square

購読

平日・毎朝更新中