Gmailの空き容量を増やすには?

世界中で多くの人に使われているフリーメール、Gmail。

手軽に登録できるうえに、PC、スマホなど、ほとんどのデバイスからアクセスできて便利ですね。ただ、使い勝手のよさゆえに、気がつくと容量が残り少なくなっている…ということも少なくないようです。

Gmailの使用容量がフルになると送られたメールがはじかれるので、大切なメールが届かないということがおきてしまいます。ビジネスでGmailを利用している人にとっては避けたいですよね!

今回はGmail の空き容量を確保するための tips をご紹介します。

1. まずは空き容量をチェック

Gmailに登録するときにはGoogleアカウントにも登録しますが、Googleアカウントでは「Gmail」「Googleドライブ」「Googleフォト」あわせて15GBが無料で利用できます。

Gmailの容量の確認は次のとおり。

1. PCでGmailにアクセス。

2. 受信トレイの一番下の左側にある「管理」をクリック。

gmail01

3. 「ドライブ ストレージ」という画面が開きます。

gmail06
4. 円グラフをクリックすると、Gmailの使用量が表示されます。


gmail02

2. 空き容量を減らすために何を捨てるか?

さて、メール容量を減らすために何から削除すればいいか方針を決めていきます。代表的な目安として次の2パターンがあります。

(1)古いメールを削除する

検索窓のプルダウンメニューからの指定もできますが、てっとりばやく検索するためには次の文字を入力します。

例:5年前以前のメールを検索
older_than:5y 

gmail03
例:2014/1/1以前のメールを検索
older:2014/01/01

gmail04

(2)大容量のメールを削除する

同様に、大容量のメールも削除していきます。

例:10MB以上のメールを検索
larger:10m

gmail05

3.「Googleドライブ」「Googleフォト」の不要なファイルもチェック 

1.で紹介したように、15GBの使用量には「Googleドライブ」「Googleフォト」の使用量も含まれています。これらに保存しているファイルを削除していくことでもGmailの空き容量を増やすことができます。

まとめ

Gmailの空き容量を増やすヒントをご紹介しましたが、容量がいっぱいになってからあわてる前に、日常から不要なメールを削除するクセをつけておくようにするといいですね。


イベント

2017/12/05(火)
Design Thinking Square