「友だち自動追加」と「友だちへの追加を許可」の違いとは?

  LINEの機能にある、「友だち自動追加」と「友だちへの追加を許可」の違いを知らない方は意外と多いのではないでしょうか。今回は両者がどう違うのか、そしてそれぞれの正しい使い方をお伝えします。

それぞれの機能の違い

screenshotshare_20160209_151226

まずは、「友だち自動追加」と「友だちへの追加を許可」の違いを説明していきます。

まず「友達自動追加」とは、連絡先に登録していて、LINEを使っている人を自動的に友だちに登録するものです。対して「友だちへの追加を許可」とは、自分の電話番号を持っている人に対し、自分のLINEプロフィールを公開することです。

つまり、自分側に追加するのが「友だち自動追加」で、相手に知らせるのが「友だちへの追加を許可」だといえるわけです。

友達に表示されない、表示したくない時の対処法

screenshotshare_20160209_151254

知らない人が「知り合いかも?」へ出てきたり、全く知らない人から急にメッセージが来て怖かった経験がある人は多くいると思います。

そんなときは「友だち自動追加」と「友だちへの追加を許可」の両機能をオフにすることで対処することができます。ID検索、QRコード、ふるふる機能以外でアカウントを知られることがなくなるので、試してみてください。

犯罪に利用される危険性も

「友だちへの追加を許可」機能は、電話番号を知っている人だけでなく、同じグループトークに入っている人、ID検索で引っかかった人などが「知り合いかも?」へ表示されてしまうのです。この機能は、犯罪や詐欺に利用されるケースも多いので便利な反面、警戒も必要です。

知り合いにだけアカウントを教えたい!

screenshotshare_20160209_151315

自分が知らせたい人とだけトークがしたいという方は多いと思います。一番安全ですし、詐欺などの犯罪に巻き込まれる危険性もかなり減少します。

LINEのやりとりを知り合いとだけ行う方法はアプリをインストールした際、「アドレス帳のデータを利用するか」というメッセージで「しない」を選択することです。そしてその後の設定で「友だち自動追加」と「友だちへの追加を許可」機能をオフにしてLINEを始めます。

こうすることで、ID検索、QRコード、ふるふる機能でのみ、友達を追加することができます。ただ、一度別の設定でLINEを始めてしまうと、相手側に出た”知り合いかも”は消すことができません。アカウントをとり直す必要があるので、注意が必要です。

まとめ

「友だち自動追加」と「友だちへの追加を許可」の違いがわかると、より快適にLINEが使えるようになります。お使いのLINEの設定も今一度見直してみてはいかがでしょうか?


イベント

2017/12/05(火)
Design Thinking Square