PHPで配列に要素を追加する方法

配列に要素を追加する3つの方法について紹介します。

array_push()を使用して追加する方法

array_push()は配列の末尾に要素を追加する関数です。

array_puth()の書式は以下のとおりです。

array_push( 要素を追加する配列 , 追加したい要素1 [, 追加したい要素2 ] )

第3引数以降は省略可能です。第3引数以降にも値を渡すことで複数の要素を一度に追加することができます。

以下は「ぶどう」という文字列を配列に追加した例です。

<?php
$stack = array("いちご","りんご");
array_push($stack,"ぶどう");
print_r($stack);
?>

上の実行結果は以下のようになります。

Array
(
    [0] => いちご
    [1] => りんご
    [2] => ぶどう
)

[] を使用して追加する方法

配列のキーを入れる「[]」ですが、キーを空のままにすることで自動的に要素が配列の末尾に追加されます。

この方法の書式は以下のとおりです。

追加したい配列[] = 要素

この場合はarray_push()と違って一度にひとつの要素しか一度に追加できませんが、非常に簡潔に記述することができます。

以下のコードは「[]」を使った例です。

<?php
$stack = array("いちご","りんご");
$stack[] = "ぶどう";
print_r($stack);
?>

上の実行結果は以下のようになります。

Array
(
    [0] => いちご
    [1] => りんご
    [2] => ぶどう
)

array_merge()を使用して追加する方法

array_merge()は複数の配列(array)を連結する関数ですが、この関数でも配列に要素を追加することができます。array_merge()の書式は以下のとおりです。

追加したい配列 = array_merge( 追加したい配列 [, 追加したい配列2... ] )

第2引数以降に配列を指定することで複数の配列を同時に連結することができます。また、array_merge()では連結後の配列を返し、元の配列は書き換えられないので注意してください。

以下のコードはarray_merge()を使用した例です。

<?php
$stack = array("いちご","りんご");
$stack = array_merge($stack, array("ぶどう"));
print_r($stack);
?>

上の実行結果は以下のようになります。

Array
(
    [0] => いちご
    [1] => りんご
    [2] => ぶどう
)