LINEがアップデートできないときの対処法

LINEをアップデートしたいのに、進捗を示すバーが止まってしまい進まないということがあります。

このような場合、多くの人がLINEのアイコンを長押しして一旦スマホから削除しようとしてしまいますが、LINEは一度削除してしまうとトーク履歴が全て消えてしまいます。

アップデートがうまくいかない場合にも安易にLINEアイコンを消さず、これから紹介することを試してみましょう。

LINEがアップデートできないときの対処法とは?

1. Wifi につながっているかを確認する

公共Wifiに勝手に接続されている場合、Wifiのマークが出ていてもうまくつながっていないケースがあります。

アップデートは自宅などWifi接続がしっかりした場所で行いましょう。

2. App Storeで「すべてをアップデート」をしていないか確認する

この場合、一度に多くのアプリをアップデートしている状況になり、アップデートが止まってしまう可能性があります。

一度アップデートをやめ、LINEだけアップデートしてみましょう。

IMG_0730

3. App Storeを一旦閉じてまた開いてみる

さまざまなアプリが作動している状態ではアップデートがしにくくなります。

下のようなやり方でApp Storeや他のページを一旦閉じましょう。

ホームボタンを軽く2回押します。

今開いているアプリが出てくるので、App Storeや他のページを放り投げるように上にスワイプします。

IMG_0731

これでApp Storeを終了できるので、もう一度App Storeのアイコンをタップして開いてみましょう。

4. iPhoneを再起動する

スリープボタンを長押しした後、「スライドで電源オフ」にしたがって右にスワイプします。

iPhoneの電源が切れるので、切れたことを確認したらホームボタンを長押ししてiPhoneを再起動します。

まとめ

アップデートができるようになったでしょうか?

LINEのアイコンを長押しして削除するのは本当に最後の手段となりますので、この4つの方法をまずは試してみてください。

どうしてもLINEアイコンを消さなければならない状況になった場合には、その前に必ず「設定」→「アカウント」から「メールアドレスを登録」しておくことをおすすめします。