Gmailがもっと使いやすくなる! ラベルとフィルタの使い方

フリーメールでありながら、強力な検索機能やフィルタ機能が人気のGmail。キャリアメールやプロバイダメールから乗り換えて使っている方も多いようです。

機能が豊富なので使い方が難しそうに見えますが、慣れればとても便利です! 今回はGmailの代表的な機能「ラベル」と「フィルタ」についてご紹介します。

ラベル

受信したメールに「取引先」「セミナー」「家族」などのようなラベルをつけることで、メールを分類することができます。

ひとつのフォルダにメールを移動するのとは違い、複数ラベルをつけることができます。また、フォルダのようにラベルを階層化することもできます。

簡単なラベルの作成

1. メールを表示すると、上にラベルのアイコンがあるのでクリックする。

label1
2. 「新規作成」をクリックする。


3. ラベルに名前をつけて作成する。


4. メールにラベルが付く。

ラベルを作成すると画面の左側にラベルの名前が自動的に表示されます。
ラベル名をクリックするとそのラベルがついたメールがリスト表示されます。

ラベルには色をつけることもできます。PC画面に表示されているリスト名の右側をクリックすると色設定のメニューが出てくるのでそこで設定します。

設定したラベルはユーザーが使っているGmailメールだけで使うものなので、メールに返信したり転送したとき、ラベルは相手には見えません。

フィルタ

受信したメールは、フィルタ機能で振り分けすることで自動的に整理することができます。振り分けの方法はさまざまで、ラベルやスターを付けるなどの機能のほかに、迷惑メールの仕分けや削除もできます。

簡単なフィルタの作成

1. 検索ボックスの右にある▽をクリックする。


2. 検索条件の入力欄が出るので、フィルタをかけたいメールの条件を入力する。

filter01
メールアドレス、メールの件名や本文内の語句はもちろん、サイズ指定も可能です。


3. すべて入力したら「この検索条件でフィルタを作成」をクリックする。


4. 次の画面で、アクションを選択する

「既読にする」「スターを付ける」「ラベルを付ける」のほか、「次のアドレスに転送」で転送設定も可能。


5. すべて入力したら「フィルタを作成」ボタンをクリックする。

まとめ

ラベルとフィルタを知ることで、ユーザーの好みにあわせたメールの整理ができます。
どちらもとても便利な機能ですので、ぜひ活用してみてください!