メール作成を効率化! スマホでGmailの署名をつける方法

PCだけではなくスマホやタブレットからでも簡単にメールをチェックできるGmail。ビジネスで利用している方も多いのではないでしょうか。社外でスマホからメールの返信をするときに署名を設定しておくと、とても便利です!

スマホの署名設定のすすめ

社名・部署名・住所・電話番号など、連絡先の情報を入力しておくとメール本文の最後に自動的に入力してくれる署名機能はとても重宝します!

スマホでメールを作成するとき、PCにくらべると入力に手間がかかりますよね。そんなときに署名を設定していると、社名や連絡先などを簡単に入力することができるので、とても便利です。

また、外出先にいると慌ただしくなることが多いため、先方にゆっくり返事がかけないこともありますよね。そんなときには、外出していることを署名のなかに盛り込むことで、いちいちメール本文のなかで断り書きする手間がはぶけます。

スマホ用署名の設定

iPhone、Androidいずれの場合もモバイル用署名はスマホから設定します。

iPhone

iPhone(iOS)用アプリは以下の操作で設定します。


1. メニューにある歯車アイコンをタップする。


2. Setting が表示されるので「モバイル署名」をONにする。


モバイル署名の初期設定は「モバイルGmailから送信」になっているので、好みの署名に設定する。


3. 記入が済んだら Save をタップする。

iPhone用アプリの場合、送信前のメールからは署名は見えませんが、先方に着信したメールには署名が入力されています。

Android

Android用アプリは自動で署名が付かないので、以下の操作で設定します。


1. メニューにある歯車アイコンをタップする。


2. 「全般設定」のなかにある設定したいアカウントを選択する。


3. 「署名」をタップする。

image (1)
4. 設定欄が開くので、入力して[OK]をタップする。

出先でのメール作成の時間短縮や作業効率アップのためにも、スマホ用の署名の設定をぜひお試しください!


イベント