Gmailで25MB以上のファイルを送る方法

普段電子メールをファイルのやりとりに使っているかたも多いと思います。

文書や画像を送るときにメールはとても便利ですが、容量制限という壁があります。そんなとき、GmailではGoogleドライブを活用することで大容量のデータを送ることができます。

添付ファイルの容量制限

一般的にメールに添付できるファイルの容量には制限があります。

会社やプロバイダによって違いがありますが、Gmailの場合、25MB以上の添付ファイルを送信することはできません。送ろうとしても送信時にエラーが表示されて失敗します。

Googleドライブをつかって送る

しかし、Gmailでは、Googleドライブの連携機能をつかうことで25MBを超えるファイルを相手に送ることができます。

メールでファイルを送るときはメール本文にファイル本体を添付します。
Googleドライブを使ってファイルを送るとき、メールに添付するのは「本体」でなくデータの保管先の「リンク」になります。

なので、この機能をうまく利用すれば、Googleストレージの最大容量15GBのファイルを相手に送ることも可能になります。

ファイルの送信

1. メールの下にあるGoogleドライブのアイコンをクリックする。
attach01
2. Googleドライブの内容が表示されるので、送信したいファイルをクリックで選択して「挿入」をクリックする。
3. メールのなかにファイルへのリンクが表示される。
4. メールを完成させて「送信」をクリックする。
5. 「ドライブのファイルが受信者と共有されていません」の表示が出るので「共有して送信」をクリックしたら送信が完了する。

ファイルを受信するにはメールのなかにあるリンクをクリックして、そのあとは画面にしたがって操作して、ファイルをダウンロードします。

送りたいファイルがGoogleドライブにさえあれば操作は通常の添付メールと大きく変わらないので、Googleドライブを利用しているかたはぜひ試してみてください。


イベント

2017/12/05(火)
Design Thinking Square