Excel

Microsoft Excelは、マイクロソフトのOfficeシリーズの製品です。表計算やグラフ作成、データ管理などに役立ちます。

対応OS(オペレーティングシステム)は、「Windows」「OS X」「iOS」「Android」です。WindowsとMacではデザインや操作方法が若干異なります。現在最新のExcelは「Microsoft Excel 2016」です。以前のバージョンには2013、2010、2007などが挙げられます。

近年では、高校や大学のカリキュラムとして組み込まれていることが多く、仕事をする上では必須のスキルといっても過言ではありません。

UX MILKでは、覚えておきたいExcelの基本的な知識や使い方、関数、外部との連携などをはじめとする活用方法まで、幅広くご紹介しています。

Excelの基本的な使い方

Excelを使用する際に、おさえておきたい基礎知識や環境設定について触れている記事です。

今さら聞けない基本機能
ウィンドウの枠の固定方法や複数にセルの同じ値を入力するときのテクニックなどを解説しています。
ファイルにパスワードを設定・解除する方法とは?
セキュリティ対策や品質保持のためにはパスワードを設定することが望まれます。
編集されないようにシートを保護する方法
「シート」単位でもパスワードによるロックが可能です。
ショートカット「CTRL + D」
メニューやタブから操作することなく、ショートカットキーであらゆる機能を使用できます。
ワイルドカードの種類と使い方
「ワイルドカード」とは、検索や置換を行うとき文字列の代わりに使用できる記号です。
遭遇する主要エラー7つ
Excelを使用しているときに遭遇しやすいエラーをピックアップ。

表・グラフ・リストの作成

Excelは表やグラフ、リストなどを用いてデータを管理する機能を多数揃えています。

データを絞り込める入力規則とプルダウンリストの作成
セルに入力できるデータの種類や値を制限して、リスト化します。
複合グラフを作る方法
データが複数あるときは、複合グラフが便利です。
ピボットテーブルを使ってデータを集計する方法
ピボットテーブルは、データの集計に役立ちます。

データの管理(検索、削除etc…)

Excelには、データの管理を容易にしてくれる機能がたくさんあります。

条件に合うデータを抽出するオートフィルタの設定
オートフィルタは、指定した条件に合致するデータを簡単に抽出する機能です。
重複するデータを一瞬で削除する方法
重複するデータを一瞬で削除する方法は2つあるので、操作する上で最適な方を選択しましょう。
複数シートを串刺し集計する方法
いくつものシートをまたいでデータの管理を行っているケースで頼りになる機能です。
計算結果から元の数字を求めるゴールシークの使い方
データタブの「What-If分析」を使用して、計算結果から計算に用いられた数字を求めます。

Excelにおける「参照」

Excelにおいて「参照」とは、数式や関数を使用する際に特定のセルや配列など範囲を指定すること、対象とすることです。

数式を固定する絶対参照のしくみ
絶対参照とは、オートフィルタやコピー&ペーストをする際に、参照するセルが固定されている状態を指します。
数式を自動でずらす相対参照のしくみ
相対参照とは、オートフィルタやコピー&ペーストをする際に、参照するセルが自動でずれていく状態を指します。
“循環参照に関する警告”に該当しているセルの検索
循環参照とは「あるセルに入力した数式が、そのセル自身まで参照してしまっている状態」です。 循環参照になっているセルを探す方法について解説します。

Excelと外部アプリケーションとの連携

Excelは表計算やデータ管理などさまざまな機能がありますが、内部だけにとどまらずMicrosoft WordやPowerPointなど他のアプリケーションといった外部と連携して活用することもできます。

Wordで文書にExcelの表を挿入する方法
作成した表をWordに挿入できます。細かいデータ管理や表作成はExcel、統計結果をまとめたり、文書によるファイル化はWordといった具合に使い分けると効率的に作業ができます。
WordでExcelのデータを読み込んでラベル印刷用データを作成する方法
Wordでは、封筒やファイルに貼るラベルを印刷することができます。その際、ラベルに印字する氏名や住所などのデータはExcelで作成しておくとスムーズです。
PowerPointにExcelの表をはりつける方法
PowerPointを用いてプレゼンテーションを行う際、データや調査結果を表として可視化させたいときにおすすめの機能です。
LINEでwordやExcelなどのファイルを送信する方法
世間話や事務連絡だけでなく、資料の受け渡しもLINEを経由して行えます。Wordと合わせて、ファイルの送信方法を解説します。
Webのデータを取り込む方法
天気予報や為替など、Webページに表示されているデータをそのままExcelに取り込むことができます。1つ1つ入力しなくて済むので、あらかじめ知っておきたい機能です。

Excel関数:日付と時刻

最後はExcelの関数について。Excel関数の中から、作業当日の日付の抽出や日付の表記形式の統一など、日付や時刻について計算を行ってくれる関数の集まりです。

年月日を表示するDATE関数の使い方
「年」「月」「日」を好みの表示形式でセルに表示するように設定できます。
日付と時間を自動入力するTODAY関数とNOW関数の使い方
作業当日の日付、時刻を表示します。データの入力を毎日行う必要があるときに便利です。
WEEKDAY関数を使って曜日毎に表示を変える方法
日付に加え、曜日をシートに記載したいときに頼りになる関数です。
期間を計算するDATEDIF関数の使い方
指定した範囲に含まれる日数を数え上げます。

Excel関数:論理

指定した範囲の中から、条件に応じて抽出する値を変える論理式を用いた関数の集まりです。

条件によって言葉を表示するIF関数の使い方
「参照する範囲によって表示する値を変える」といった条件を施す方法について。
複数条件を判定するAND関数とOR関数の使い方
複数の条件を設定したいときに有効な関数です。基本的な考え方はIF関数と同様です。

Excel関数:検索・行列

指定したセルに対応する位置情報や値を検索して、抽出する関数の集まりです。

番号に対応した文字を表示するCHOOSE関数の使い方
指定した範囲内のデータに対して、それぞれ文字列や数値を設定、別のセルに表示します。
行や列の番号を求めるROW関数・COLUMN関数の使い方
指定したセルの行、列の番号を求めることができます。
別シートを参照するINDIRECT関数の使い方
別シートのデータを参照し、指定したセルに表示します。
相対的な位置を数値で返すMATCH関数の使い方
ある範囲内において、指定した値が左から何番目に位置しているかを測定する関数です。
自由に合計する範囲を変えるOFFSET関数の使い方
基準となるセルから、指定した数値分離れた箇所にあるセルを取得します。
検索値と一致するものを抜き出すVLOOKUP関数の使い方
ある範囲内において、指定した条件に対応する値を抜き出す関数です。

Excel関数:数学・三角

四則演算や数値の表記を規定する関数の集まりです。

合計を出すSUM関数の使い方
指定した範囲の数値の合計を算出します。
条件に合うデータを合計するSUMIF関数の使い方
ある範囲内において、指定した条件に合致する値の合計を算出します。
複数条件に合うデータを合計するSUMIFS関数の使い方
ある範囲内において、指定した複数の条件に合致する値の合計を算出します。
掛け算した値を合計するSUMPRODUCT関数の使い方
指定した複数の配列の積を計算して、それぞれの積の結果の合計を算出する関数です。
集計値を求めるSUBTOTAL関数の使い方
項目ごとの小計を求める際に便利な関数です。
配列の積値を求める「PRODUCT関数」の使い方
指定したセル同士や配列を掛け算した積値を算出します。
割り算の「余り」を求めるMOD関数の使い方
指定したセル同士や配列を割り算して、余りの数字を算出します。
数値を四捨五入するROUND関数の使い方
指定したセルに入力されている値を、任意の桁数で四捨五入し、再度値を表示します。
数値を切り捨てるROUNDDOWN関数の使い方
指定したセルに入力されている値を、任意の桁数で切り捨てて表示します。
数値を切り上げるROUNDUP関数の使い方
指定したセルに入力されている値を、任意の桁数で切り上げて表示します。
小数点以下を切り捨てるINT関数の使い方
指定したセルに入力されている値を、小数点で切り捨てて表示します。

Excel関数:統計

指定した配列の平均値や特定の条件に合致する値の数など、ある条件下の値を数量的に測定する関数の集まりです。

平均を出すAVERAGE関数の使い方
指定した範囲内の数値の平均値を算出します。
条件に合うデータを平均するAVERAGEIF関数の使い方
ある範囲内において、指定した条件に合致する値の平均値を算出します。
複数条件に合うセルを平均するAVERAGEIFS関数の使い方
ある範囲内において、指定した複数の条件に合致する値の平均値を算出します。
数値入力されているセルを数えるCOUNT関数の使い方
指定した範囲内にある数値の数を測定する関数です。
データ入力されているセルを数えるCOUNTA関数の使い方
指定した範囲内にあるデータ(文字列、数値、数式などすべて)の数を測定する関数です。
空白のセルを数えるCOUNTBLANK関数の使い方
指定した範囲内にある空白のセルの数を測定する関数です。
条件を満たすセルを数えるCOUNTIF関数の使い方
ある範囲内において、指定した条件に合致する値の数を測定します。
複数条件を満たすセルを数えるCOUNTIFS関数の使い方
ある範囲内において、指定した複数の条件に合致する値の数を測定します。
最大値を出すMAX関数の使い方
指定した範囲内にある数値の中で、最も大きい値を抽出します。
最小値を出すMIN関数の使い方
指定した範囲内にある数値の中で、最も小さい値を抽出します。
順位をつけるRANK関数の使い方
ある範囲内において、指定した条件にもとづいて値を順位付けします。

Excel関数:文字列操作

入力されている文字列について、表記の変換や環境の統一を適用できる関数の集まりです。

値を全角から半角に変換するASC関数の使い方
指定した範囲内にある全角の値を半角に変換します。
セルを結合するCONCATENATE関数の使い方
指定した範囲内にあるセル同士を結合します。
エラーを非表示にするIFERROR関数の使い方
指定した範囲内で表示されているエラーを非表示にします。
セルの途中から文字を抜き出すMID関数の使い方
あるセルの文字列において、指定した位置から特定の文字数だけ文字列を取り出します。
指定文字数の分だけ値を抜き出すLEFT関数の使い方
あるセルの文字列において、先頭から指定した文字数分、文字列を抜き出します。
セルの文字数を求めるLEN関数の使い方
指定した文字列の文字数を測定します。
ふりがなの設定や修正ができるPHONETIC関数の使い方
指定した文字列のふりがなの設定および修正ができます。
表示形式を設定するTEXT関数の使い方
指定した文字列の書式(数値や日付などの表示形式)設定が可能です。
不要なスペースを削除して詰めるTRIM関数の使い方
指定したセル内にあるスペースを削除し、文字列同士のスペースを詰めます。
すべて大文字に変換するUPPER関数の使い方
指定した範囲内にある小文字の値を大文字に変換します。

イベント

2017/12/05(火)
Design Thinking Square

購読

平日・毎朝更新中