UX

「UX」という言葉は様々な視点や立場によって解釈や定義が変わる、包括的な言葉です。UX MILKでは国内外のUXにまつわる記事を通して、その様々な捉え方を紹介していきます。

UXとは?

UXとは「User Experience」の略で、製品やサービスなどを利用するにあたって得られる「体験・経験」のことを指します。ユーザーが製品やサービスを「使いやすい」というのはもちろん、それ以前に「使いたい」と認知することや、「楽しかった」「また使いたい」と思う感情も含めて、ユーザーが製品やサービスを価値あるものと感じる時間は全てUXと言えます。

UXはユーザー体験自体のことを指しますが、良いUXを設計することを総じてUXデザイン(UXD)と呼びます。ユーザーが本当に欲しいと思うものを把握し、設計し、届けるのがUXデザインです。そのためにはユーザーが製品やサービスを使う時におかれている文脈(コンテキスト)を知ることが重要です。

初心者におすすめな記事

UXって結局何なんですか? 大学生が専門家に聞いてみた
UXの専門家がUXの基本を語ってくれているインタビューです。
あなたは「本物」のUXデザイナーになれるか?
UXデザイナーとしての基礎をわかりやすく説明しています。
UXという言葉が一人歩きする時代:私がUXを学ぶ理由
UXはバズワードとなっていますが、UXを勉強することが目的になってはいけない、というコラムです。
なぜUXデザインにおいて「共感力」が大事なのか
UXを語る上で感情というものは外せません。ここではユーザーの感情について着目します。

UIとUXの違い、など

UXはUIやCX、IAなどの単語と混同されることが多く、同義に捉える方も少なくありませんが、多くの場合それは全くの別物です。

UIとUXの違いとは
混同されがちなUIとUXの定義や、UI/UXという表記についても考察しています。
UXとCXの違いとは
UXと使い分けが難しい単語として「CX」(customer experience)という考え方もあります。
IAとUXの違いとは
IAとは情報設計のことですが、UXとの違いや関係性を解説しています。
似ているようで全然違う、UXデザインとUIデザイン
UIとUXの違いをより詳しく説明している海外記事の翻訳です。
【UXの迷信】UXとユーザビリティは違う?
ユーザビリティという単語もしばしばUXと同義に扱われてしまいます。

実際の身近な事柄でUXを知る

スーパーマリオのステージ1-1から学べるUX
ファミコンのスーパーマリオのステージ1は説明書やチュートリアルなしでもプレイできるように巧妙にデザインされています。
Amazonに見られる、UI変更を伴わないUX改善
Amazonのサービスにおける何気ない変更ですが、UXは必ずしもUIと連動しないいい例となっています。

UXデザインにおけるツール

Adobe初のUXデザインツール「Adobe XD」を使ってみた
さまざまなデザインツールをリリースしているAdobeがついにUX領域でもツールを発表しました。
Facebookのプロトタイピングツール、Origami Studio発表
FacebookでもAdobeと同じくプロトタイピングツール開発に意欲的です。
RealtimeBoard - UXデザインの最強コラボレーションツール
UXデザインを行うにあたって、チームのコミュニケーションが肝ですが、そういった面をサポートするツールも出てきています。

購読

平日・毎朝更新中