PhotoshopとPhotoshop Elements、Photoshop Lightroomの違い

画像編集アプリケーションとして有名な、Adobe社のPhotoshopシリーズには、Photoshop、Photoshop Elements、Photoshop Lightroomの3つがあります。画像を編集したいけれど、どれを使ったらいいの? と思われる方も多いと思います。

そこで今回は、この3つのソフトの違いを解説していきます。

https://www.pakutaso.com/201510402994w3ae.html

3つのソフトのざっくりとした違い

Photoshop

写真も画像も扱う、プロ向けのソフトです。画像の作り込みに向いており、画像編集の機能豊富で、価格が高価であるという特徴があります。

Photoshop Elements

写真も画像も扱う、汎用ソフト。Photoshopに比べると、使える機能に制限がありますが、比較的価格が安価です。

Photoshop Lightroom

大量の写真を扱える、管理編集ソフト。一気に複数枚の写真の設定を変更でき、効率が良いという特徴があります。

簡単に言うと、Photoshopを家庭向けにしたものがPhotoshop Elements、写真の処理に特化したのがPhotoshop Lightroomです。ざっくりとしたイメージをつかんだところで、3つのソフトの選び方を見ていきましょう。

3つのソフトの選び方

仕事利用が多いならPhotoshop

PhotoshopとPhotoshop Elementsに関しては、ふたつともダウンロードする必要はありません。どちらか一つで十分です。

Photoshopはプロ向けのソフトといわれており、版下を作って印刷屋さんに入稿したり、細かな編集処理をして企業向けHPを作ったりする場合は、Photoshopを使いましょう。

一定の使いづらさもあり、すべての機能を使いこなしているユーザーは少ないといわれるものの、ある程度導入学習を行えば誰でも一定の機能を使うことが可能です。フィルターなどは自分で調整する必要があります。

家庭で使うならPhotoshop Elements

写真の合成、管理も、イラストなどの画像処理もバランスよく適度に使えるソフトが、Photoshop Elementsです。一般的な機能があり、初心者向けに作られているのでわかりやすく、写真の管理機能も簡易的についています。手ぶれ補正や顔認識機能などあり、直感的な操作がしやすいといえます。

写真管理をするならPhotoshop Lightroom

tuyopon1512294410_TP_V

PhotoshopとPhotoshop Lightroomは、別物のソフトです。大量の写真を扱い、クオリティの高い作品を仕上げるなら両方あった方がよいでしょう。

写真の管理や処理に特化したソフトがLightroomです。一気に数百枚の処理を行うことができます。写真の取り込み、選定、現像、書出しを行うのが非常にスムーズで速いです。しかし、合成などを行うのであればPhotoshopでおこなった方が高機能でしょう。

まとめ

Photoshop、Photoshop Elements、Photoshop Lightroomそれぞれの違いについて説明しました。もしかしたら、今まですべてのことをPhotoshopでやっていたよ! という方も、Lightroomの特徴を知り使いこなしてみることで、効率よい作業環境を手に入れることができたりするのではないでしょうか。

また、より詳しいPhotoshopとPhotoshop Elementsnの違いについて、下の記事で紹介しています。

是非、自分の画像編集の仕方にあわせたソフトを選んでみてください。


イベント

2017/12/05(火)
Design Thinking Square