イラストレーターにフォントを追加する方法

この記事では、Adobe Illustrator CCにフォントを追加する方法をご紹介します。今までOSにフォントを追加する際は再起動が必要でしたが、Adobe製品用のフォントフォルダに追加すると、再起動することなくフォントを追加することができます。
※Windows10環境で解説していきます。

STEP0:Adobe Typekitの利用

Creative Cloud版Illustratorでは、Typekitというサービスを利用することができます。Typekitとは、Adobeの提供するフォントライブラリのサービスのことで、沢山のフォントが用意されています。

Illustratorのフォントメニューの[Typekitからフォントを追加]というボタンをクリックすると、Typekitサイトに接続し簡単にフォントをインストールすることができます。フォントのインストールを行うと、IllustratorをはじめとしたAdobe製品だけでなく、他のアプリケーションでも使用することができます。

しかし、Typekit上にあるフォントしかインストールできないため、任意のフォントをインストールしたい場合は下記の方法が便利です。

STEP1:必要なフォントファイルの準備

2016-02-17_10h45_55

 STEP2:フォントフォルダにフォントファイルをコピー

Fontsフォルダがない場合は、新規作成をしてからフォントファイルを置きます。

Windowsのフォントフォルダパス

(Illustratorをインストールしたドライブ)のProgram Files¥Common Files¥Adobe¥Fonts

2016-02-17_10h18_51

2016-02-17_10h25_43

Mac OS Xのフォントフォルダパス

ライブラリ/Application Support/Adobe/Fonts

Mac OS 9.xのフォントフォルダパス

システム/Application Support/Adobe/Fonts

STEP3:Illustratorで確認

上部メニューの「書式」>「フォント」で確認をします。

2016-02-17_10h26_12

これで無事にIllustratorにフォントを追加することができました。

STEP3:フォントをアンインストールしたい場合

Fontsフォルダに移動またはコピーしたフォントファイルを削除することで、フォントをアンインストールすることができます。

Illustratorでフォントファイルが使用中で削除できない場合は、下記のようなメッセージが表示されます。その場合は一度Illustratorで開いているドキュメントを閉じると、フォントファイルを削除することができます。(Illustrator自体を終了する必要はありません)

2016-02-17_10h34_19