パワーポイントでフォントを一括変更する方法

プレゼンテーション資料を作成する上でフォントは重要な役割を果たします。全体のフォントを整えるとき、Windows/Mac間や異なるバージョンなどとのやり取りの際にフォントが崩れてしまったとき、一つずつフォントを変更していくのでは大変な手間がかかります。

今回はプレゼンテーション全体に入力されているフォントを一括で変更する方法を2つご紹介します。

[フォントの置換]による一括変換

[フォントの置換]機能は、置換前と置換後のフォントを指定するだけで、図表内などに入力されているフォントまで変更できます。今回は置換前のフォント「MS Pゴシック」から、置換後のフォント「HGS創英角ゴシックUB」に置き換えてみます。

1. [ホーム]タブ[編集]グループの[置換]の▼をクリックして、[フォントの置換]を選択します。

図4

2. [フォントの置換]ダイアログボックスの、[置換前のフォント]欄のをクリックして、「MS Pゴシック」を選択します。

図5

3. 次に[置換後のフォント]欄のをクリックして、「HGS創英角ゴシックUB」を選択し、さらに[置換]をクリックします。

図6

4. 最後に[閉じる]をクリックします。

図7

5. 以上で操作は完了です。特定のフォントがあっという間にまとめて変更されました!

図12

図11

[スライドマスター]によるフォントの一括変換

スライド全体の書式を管理している[スライドマスター]という機能を使えば、異なる環境などでレイアウトやフォントが崩れてしまったとき、まとめて編集することができます。

1. [表示]タブから[マスター表示]グループの[スライドマスター]をクリックします。

ppt_13

2. 次に、左に表示されたスライドマスターから変更したいマスターを選び、さらに変更したいフォントのプレースホルダを選択します。

ppt_14

3. [ホーム]タブから[フォント]グループ[フォント]の▼をクリックして、任意のフォントを選びます。

ppt_15

4. 最後に[スライドマスター]タブの[マスター表示を閉じる]をクリックすれば終了です。選択したレイアウトのプレースフォルダのフォントがすべて変更されています。

ppt_16

※異なるレイアウトがあるときは、1から4の作業を繰り返します。

※スライドマスターでは、図表内などに入力されたフォントは変更されません。

まとめ

以上が、PowerPointでフォントを効率よく一括に変換する方法です。それぞれの特性を生かして、プレゼンテーションの資料作成にお役立てください!

(使用ソフト:PowerPoint 2010)


イベント

2017/12/05(火)
Design Thinking Square