エクセルでWEEKDAY関数を使って曜日毎に表示を変える方法

ExcelのWEEKDAY関数は、指定したシリアル値から曜日を求めることができる関数です。このWEEKDAY関数とIF関数を組み合わせることによって、曜日によって表示を変えることが可能です。

WEEKDAY関数について

44_1

①シリアル値

日付のデータを入れます。シリアル値でピンと来ない人はとりあえず日付が入ったセルを選択すればよい、ということを覚えておきましょう。

②種類

省略が可能な引数です。あとで説明する表示方法とも絡んでくるので基本的に「1」もしくは省略(省略すると「1」)で使いましょう。

結果として出力されるのは1(日曜日)~7(土曜日)の順の正の整数になります。

曜日を表示させるには?

44_2

WEEKDAY関数を使っても出てくる結果は数字のみで、曜日が表示されません。曜日を表示させるにはセルの書式設定からセルの表示を変えましょう。

44_3

右クリックしてセルの書式設定を選択します。

44_4

ユーザー定義で「aaaa」と入力すると「月曜日」と表示されます。

44_5

このような結果です。

表示形式のあれこれ

セルの書式設定で設定できる曜日の表示は以下の種類があります。

aaaa:日曜日、月曜日、・・・

aaa:日、月、・・・

dddd:Sunday、Monday、・・・

ddd:Sun、Mon、・・・

IF関数との組み合わせ

WEEKDAY関数が曜日によって数字を出力する関数なのでIF関数で対応する曜日の数字を条件指定すれば曜日によって表示を変えることが可能です。

44_6

今回は日曜日(WEEKDAY関数の結果が「1」)のときは「休み」、それ以外は「仕事」と表示させました。

今回で重要なこと

・1(日曜日)~7(土曜日)までの数字を返す関数がWEEKDAY関数

・曜日を表示させるには表示形式で「aaaa」

・WEEKDAY関数とIF関数を組み合わせることで曜日ごとの表示を変化できる


イベント