PHPのbreak文とcontinue文の使い方

PHPのbreak文とcontinue文の使い方について紹介します。

break文でループから抜け出す

break文はfor, foreach, while, do-while, switchの処理を途中で抜け出すときに使います。抜け出したい位置にbreak文を挿入します。

以下のプログラムは、$iが3になったときにforループを抜け出す例です。

<?php
for ($i = 1; $i < 5; $i++) {
    if ( $i == 3 ) {
        echo $i . "回目:ループから抜けます\n";
        break;
    }
    echo $i . "回目\n";
}
?>

上のプログラムの実行結果は以下のようになります。

1回目
2回目
3回目:ループから抜けます

このように3回目にbreak文でforループを抜け出してしまうので、4回目以降の出力が表示されていないことが確認できます。

break文はループ構造がネストしている場合は、直近のループからのみ抜け出します。

continue文でループ処理をスキップする

continue文はループ処理をスキップしたいときに使います。ループから抜け出したい位置にcontinue文を挿入します。

以下のプログラムはforループの$1が3になったときに処理をスキップする例です。

<?php
for ($i = 1; $i <= 5; $i++) {
    if ( $i == 3 ) {
        continue;
    }
    echo $i . "回目\n";
}

上のプログラムの実行結果は以下のようになります。

1回目
2回目
4回目
5回目

このようにechoの前にcontinue文でスキップされるので、3回目は表示されません。