CentOS、UbuntuなどLinux OSのバージョン確認をするコマンド

Linuxのカーネルのバージョンと、CentOSやUbutuなど各ディストリビューションごとのバージョンの確認方法を紹介します。

ディストリビューションのバージョン確認

ディストリビューションのバージョンの確認方法は、各ディストリビューション毎によって異なります。

ここでは、CentOSやLinuxなどよく知られているいくつかのディストリビューションのバージョンを確認する方法を説明します。

CentOS / RedHat Enterprise

$ cat /etc/redhat-release 
CentOS release 6.7 (Final)

Ubuntu

$ cat /etc/lsb-release 
DISTRIB_ID=Ubuntu
DISTRIB_RELEASE=12.04
DISTRIB_CODENAME=precise
DISTRIB_DESCRIPTION="Ubuntu 12.04 LTS"

Debian

$ cat /etc/debian_version
4.0

Fedore

$ cat /etc/fedora-release

参照:【cat】Linuxでファイル内容を表示・作成・連結するコマンド

Linuxカーネルのバージョン確認

Linuxカーネルのバージョンは/proc/versionファイルに書いてあります。

Linuxカーネルのバージョンを確認

$ cat /proc/version

また、unameコマンドでカーネルのバージョンを確認できます。

カーネルのバージョンを確認

$ uname -r
2.6.32-573.3.1.el6.x86_64

使用中のカーネルのより詳しい情報を知るには、全ての情報を表示する「-a」オプションを使います。

Linuxカーネルとは?

カーネルとは、ハードウェア制御やファイル、リソース等の管理を行うOSの最も「コアな部分」です。

CentOSやUbuntuなどのディストリビューションは、このLinuxカーネルをベースに作られています。


イベント

2017/12/05(火)
Design Thinking Square