IAとUXデザインの違い

Darren Northcott

Darrenは業界歴6年以上のUXアーキテクトで、モバイルやタブレットのデザインを特に好んで研究しています。彼がデザインエージェンシーCritical Massで手がけた日産のアカウントではカンヌのゴールドライオン賞を受賞しています。

この記事はThe UX Boothからの翻訳転載です。配信元または著者の許可を得て配信しています。

The Difference Between Information Architecture and UX Design (2012-08-21)

私の職業を「UXアーキテクト」と説明すると、必ず次に「IA(情報アーキテクチャ)とUXの違いは何?」と尋ねられます。両者には明らかな違いがあるにも関わらず、その境界線は不明確です。どのように説明するべきでしょう?

Wikipediaによると、IAは「ユーザビリティを支えるために、ウェブサイトを体系化し、分類するための技術と科学」です。同じソースによると、UXは「人々が製品やシステム、サービスを利用する際の感じ方。利便性、使ったときの心地よさ、システムの効率性(を含む)」とあります。

情報アーキテクトはウェブの青写真を作る

情報アーキテクトはウェブの青写真を作る

これらの定義によると、UXはIAを基礎として、これを次のレベルへと押し上げるものと言えます。

IAは構造に関与する

IA比較的古い用語です。ウェブにおいても古くから使われ、技術全般の進歩においても古くから使われ、主にユーザーを案内していくコンテンツの構成や構造に焦点を当てます。デジタルの観点からは、単純なパンフレットサイトから複雑な情報システムまですべての範囲を含みます。

情報アーキテクトたちは、複雑な情報のセットから、有用なコンテンツ構造を作り出す仕事をします。彼らはユーザー中心の様々な手法を用いてこれを行います。すなわち、ユーザビリティテストやペルソナの調査作成、ユーザーフローダイアグラムなどが例として挙げられます。とは言え、UXデザインは未だに流行りものであるように思えます。

なぜなら、IAはユーザーのすべての体験のごく一部分だけを含んでいるからです。

UXは感情に関与する

では、UXは? UXデザイナーはIAをさらに一歩進め、そのナビゲーションだけではなく、それに対する関与をより魅力的にする能力についても考慮します。そのために、彼らはまとまりのある、予測可能な、望ましい影響を彼らのターゲットとする顧客に与えるユーザー中心のデザインを採用します。

UXデザイナーは普通の体験を特別なものに変える

UXデザイナーは普通の体験を特別なものに変える

本質的に、UXデザイナーは物事をより深く掘り下げ、ユーザーの感情レベルに訴えるよう作業をします。「心の琴線に触れる」といった大げさな意味ではなく、彼らが創り出したものについて、より感動的な反応を得られるようにするということです。UXデザインはユーザーの自然な振る舞いに文脈と物語を与えることで、彼らの体験を普通のものではないものにする何かを与えるのです。

Stephern Andersonは、最高の体験は、"人々、彼らの行動。その行動の文脈"が交錯するところに現れると信じています

Stephern Andersonは、最高の体験は「人々、彼らの行動。その行動の文脈」が交錯するところに現れると信じています

次のように考えることもできます。UXはすべての領域を内包している。すなわち、IAをカップ一杯、ユーザビリティを少々、コンテンツ戦略をひとつまみ、それからたくさんのクリエイティビティをまぜたもの、です。あるいはより簡単に、UXとはクリエイティブ・ディレクターと情報アーキテクトの愛すべき子どもである、とも言えます。そこであなたは、うわべのものが引き剥がされた、ユーザーが必要なものの本質を見ることができるのです。

[PR] ユーザーの欲しがっているものが何かを知る簡単な方法の一つがユーザーテスト。ユーザーテストを実施する方法や意義について語った記事はこちら。 「ユーザーテストを現場で当たり前にしたい」ポップインサイト池田氏の想いとは

手軽に、格好良く

まだ混乱していなければ、あなたは恐らく、よいUXを得るためには、良い情報アーキテクトが必要なのではないか、と考えているでしょう。その通りです。別な見方をすれば、UXデザイナーはIAを考慮しますが、情報アーキテクトたちは必ずしもユーザーのすべての体験を考慮する必要はないのです。

役に立つ体験は手軽で、単純で、作業を楽しくします。感動的な体験はこれに加えて、ユーザーの心に、余韻の残る印象を与えるのです。その違いが、サイトを去る時に「手軽だった」と「ワォ! 格好良かった」といった印象の違いとなるのです。

それはWunderlistClearの違いだったり…

wunderlist

SketchbookPaperの違いだったりがそれです。

sketchbook

いずれも、優れており、手軽で、役に立つアプリですが、それぞれ後者のほうが手軽で役に立つばかりでなく、面白くて夢中にさせてくれます。

すべてはアプローチの仕方にある

何か一つの領域の作業の流れを見ていくのはとっつきにくいものですから、情報アーキテクトたちとUXデザイナーたちの作業について、全般的な流れを見ていきましょう。情報アーキテクトたちは彼らの必要とするもの、ユーザーが目的とするものの調査を考慮し、競争力のある分析結果を導き出そうとします。最終的に彼らはページの流れやワイヤーフレーム、そしてもちろんサイトマップを作り出します。ユーザビリティテストを実施し、洗練させ改良を加え、デザイナーに作業を引き渡します。

UXデザイナーたちは別なアプローチをとります。情報アーキテクトたちの作業の流れを考慮に入れますが、さらに、実際に触れるユーザーたちの感情的な到達点も考慮に入れます。彼らの競争心は、構造やレイアウトよりは、意思疎通のモデルに注がれます。

結論

UXは情報アーキテクトが提供した基礎の上に、UXを創造性と感情的な面の両面で次のレベルへと誘うよう、デザインを行っていきます。これこそが、今日のアプリやサイト、製品の、過去にデザインされたものとの際立った違いです。もっと詳しく見ていきたい方は、以下のリンクをぜひご覧ください。

The Information Architecture Institute 

Luke Wroblewski's Site

Smashing Magazine's UX section

UX Magazine


イベント