Pythonの組み込み関数any()とall()の使い方

Pythonの組み込み関数any()とall()の使い方を説明します。

any()の使い方

any()は引数にiterable (リストやタプルなど、イテレータを取り出せるオブジェクト)を1つ渡します。その要素の中に1つでも真とみなされる値が含まれていれば True を返し、そうでなければ Falseを返します。

any(iterable)

下の例は真偽値、数値、文字列からなるリストを引数にany()を実行した結果です。

a = [False, False]
any(a) # False

b = [False, True]
any(b) # True

c = [0, 0]
any(c) # False

d = [0, 7]
any(d) # True

e = ['', '']
any(e) # False

f = ['', 'f']
any(f) # True

g = [0, '', False, 7]
any(g) # True

False, 0, 空文字は偽とみなされるため上のような結果になります。

all()の使い方

all()もリストやタプルなどのiterableを引数として渡す点はany()と同様です。戻り値は要素がすべて真とみなされるとき はTrueを返し、1つでも偽とみなされるならば Falseを返します。

all(iterable)

下の例は真偽値、数値、文字列からなるリストを引数にall()を実行した結果です。

h = [7, 'h', True]
all(h) # True

i = [True, 'i', 0]
all(i) # False

購読

平日・毎朝更新中