Pythonのファイルシステム操作

Pythonでファイル操作を行う方法として、ファイルの作成、移動、削除の方法について説明します。Pythonでファイルやディレクトリを操作するにはosモジュールやshutilモジュールを利用すると便利です。

ファイルの作成・更新

新規にファイルを作成するには、open()を使います。open()はファイルを開きます。引数で指定したファイルが存在しない場合、モードにw(書き込み)やw+(読み書き), a(追記)を指定することで指定した名前でファイルを新規作成します。

# -*- coding: utf-8 -*-

import os

f = open('sample.txt', 'w') # ファイルを新規作成
f.write('Hello World!')     # ファイルに文字列を書き込む
f.close()

f = open('sample.txt', 'r') # 読み込みモードでファイルを開く
str = f.read()              # ファイルの内容を読み込む
f.close()

print str                   # Hello World!

ファイルの移動

ファイルを移動するには、shutil.move()を使います。

shutil.move('移動したいファイルのパス名', '移動先ディレクトリのパス名')

例えば、以下のようなディレクトリ構造があるとします。

dirRoot/
├ sample.txt
├ dirA
└ dirB

dirRootディレクトリにあるsample.txtを直下のdirAディレクトリに移動します。

import shutil
shutil.move('./sample.txt', './dirA')

上のプログラムをdirRootディレクトリに作成し実行するとsample.txtがdirAに移動されます。

dirRoot/
├ dirA
│ └ sample.txt
└ dirB

ここでは引数に相対パスを指定していますが、引数は相対パスでも絶対パスも指定することも可能です。

ファイルの削除

ファイルを削除するには、os.remove()を使います。

os.remove('削除したいファイルのパス名')

以下はdirAディレクトリの直下にあるsample.txtを削除するプログラムです。

import os
os.remove('./dirA/sample.txt')