Rubyのloopメソッドの使い方

Rubyには、eachやtimesなど様々な繰り返し処理に使えるメソッドがありますが、単純なループを無限に繰り返すには、Rubyのカーネルメソッドであるloopメソッドが便利です。

loopメソッドの使い方

loop {
  処理1
  処理2
  処理3
  ・・・
}
実際に使ってみましょう。以下に挙げるのは、現在の日時を無限に表示し続けるのだけのプログラムです。 コード
loop {
  puts Time.now
}
# =>
2016-04-18 03:24:44 +0900
2016-04-18 03:24:44 +0900
2016-04-18 03:24:44 +0900

loopメソッドを終了する

loopメソッドは、break文を使ってループを終了することができます。 ループする条件を設定して、その条件が当てはまらなくなったらbreak文でループを脱出する例を紹介します。 コード
number = 0
loop {
  puts number
  number += 1
  if number > 10 then
    break
  end
}
上記のコードでは、ループする毎にnumber変数が1ずつ加算されていき、10を超えたらbreakされます。 実行結果
0
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10