【Ruby入門】初心者のための使い方とサンプル集

Ruby(ルビー)は、日本で開発されたオブジェクト指向スクリプト言語です。開発者は、まつもとひろゆき氏(Matz)。

Rubyの特徴

Rubyは「書くのが楽しい」と言われることが多く、開発者のまつもとひろゆき氏は「最も重視しているのはストレスなくプログラミングを楽しむこと」と述べています。

そのため、Rubyでは可読性を重視した構文が採用されています。そのほか、全てのデータをオブジェクトとして扱う純粋なオブジェクト指向言語、変数宣言な不要な動的型付けなどの特徴があります。

Ruby on Railsの存在

また、Rubyを使ったフレームワークとしてはRuby on Railsがデファクトスタンダードとなっており、小〜中規模のウェブサービスの開発に採用されることが多いです。

「同じことを繰り返さない(DRY:Don’t Repeat Yourself)」と「設定より規約(CoC:Convention over Configuration)」を設計思想としており、少ないコードで簡単に開発できるように考慮されています。

Rubyの基礎

Rubyの基本となるメソッドやコメントの書き方などについて説明します。

変数の内容を表示する:puts
コメントの書き方
メソッド(関数)の使い方
ブロック構文

変数

Rubyの変数について説明します。Rubyでは全てがオブジェクトであり、文字列や数値も全てオブジェクトとして扱われます。

文字列・シンボル
ヒアドキュメント
配列
ハッシュ
定数

制御構造

条件分岐や繰り返し処理などに使える制御構造について説明します。

条件分岐

if文
unless文の使い方
case文による条件分岐

繰り返し

until文
while文
for文
break, next

例外処理

rescue, raise

クラス・モジュール

Rubyはクラスベースのオブジェクト指向プログラミングをサポートしています。その基本となるクラスの使い方と、モジュールについて説明します。

クラスの使い方
モジュールの使い方
インスタンス変数・クラス変数

Rubyリファレンス

Rubyでよく使うメソッドについて説明します。

繰り返し

単純な繰り返し:loop
一定間隔で数値を増やす繰り返し:step
回数を指定した繰り返し:upto, times, downto
配列・ハッシュを繰り返し処理:each
配列・ハッシュをインデックス付きで繰り返し処理:each_with_index
繰り返し処理した新しい配列を作成する:map
繰り返し処理した新しいオブジェクトを作成する:inject

文字列

末尾の改行文字を取り除く:chomp, chomp!
指定した範囲の文字列を抽出・削除する:slice, slice!
文字列を比較する:eql?, equal?, ==, ===
文字列の検索をする:index, rindex
正規表現を使い文字列を検索する:match
文字列を置換する:gsub, gsub!
区切り文字で文字列を分割する:split

配列・ハッシュ

条件に合う要素を抽出する:select, select!
配列から重複した要素を取り除く:uniq, uniq!
配列の要素を削除する:delete, delete_at, shift, slice!
配列の要素をソートする:sort, sort!
配列に要素を追加・挿入する:push, insert, unshift

日付

日付を文字列に変換する:strftime
日時の様々な情報を取得する:Time

その他

Rubyのコードを実行する:eval
外部ライブラリを読み込む:require
実行時間を計測する:benchmark

Ruby逆引きリファレンス

Rubyでよくある処理について説明します。

ファイルの書き込み・読み込みをする
CSVファイルの読み込み・書き込みをする
JSONファイルの読み込み・書き込み・変換をする
XMLファイルの読み込みをする
Web上からファイルをダウンロードする
nil判定をする
コマンドライン引数を取得する:ARGV
スコープを明示的に指定する:Binding

購読

平日・毎朝更新中