Microsoft Wordで使える便利なショートカットキー一覧

ショートカットキーで使える機能や操作を覚えておくとります作業効率が上がります。下に一覧を作ってみました。本当はもっと沢山ありますが、厳選したものを選んでみました。

最初は覚えないと使いにくいかも知れませんが、一度覚えてしまうと便利です。

Wordで使える便利なショートカットキー一覧

Ctrl+HomeやCtli+Endは長い文書を読んだり書いている時などに、使うとマウスでスクロールするより早く最初のページに戻ったり、最後のページに行くことができます。Ctrl + Alt + D文末脚注を挿入は、論文などを書いている時にとても便利です。順番に数字を振ってくれるので、番号を間違えることなく脚注を付加出来ます。
 
ショートカットキー説 明
Ctrl +C選択文字をコピー
Ctrl +X選択文字を切り取り
Ctrl +V貼り付け
Ctrl +B選択文字に太文字にする
Shift + F3英字の大文字と小文字の変換を行う
Ctrl + Shift + D選択文字に二重下線を付ける
Ctrl + M段落を左からインデントする
Ctrl + Shift + M段落のインデントを左から削除する
PageUp1画面上(Numllockをはずすこと)
PageDown1画面下(Numllockをはずすこと)
Ctrl+Home文書の先頭へ(Numllockをはずすこと)
Ctrl+End文書の末尾へ(Numllockをはずすこと)
Ctrl + 2行間を2行に設定する
Ctrl + 5行間を1.5行に設定する
Ctrl + Alt + 1見出し1スタイルを適用する
Ctrl + Alt + 2見出し2スタイルを適用する
Ctrl + Alt + 3見出し3スタイルを適用する
Ctrl +Alt + C著作権記号©を挿入
Ctrl + Alt + D文末脚注を挿入
Ctrl + Alt + F脚注を挿入
Ctrl + Alt + N下書き表示に切り替える
Ctrl + Alt + Sドキュメントウィンドウを分割する
Ctrl + F6複数のウィンドウが開いているとき、次のウィンドウに切り替える
Ctrl + Q段落書式を解除する
Ctrl + Y操作を繰り返す
Ctrl + Alt + F1マイクロソフトのシステム情報を表示
F4直前の操作を繰り返す
F7スペルチェックコマンド 校閲タブを選択
Shift + F8選択範囲のサイズを縮小
F10キーヒントを表示 

イベント

2017/12/05(火)
Design Thinking Square