国旗と言語は混同してはダメ! ローカライズで注意したいUX

Antoine Lefeuvre

Antoineは、メールリストの再開発に取り組んでいるスタートアップ企業Clubbleの最高経営責任者です。彼は2年間にわたって世界中を旅行し、35か国を訪れました。

この記事はA List Apartからの翻訳転載です。配信元または著者の許可を得て配信しています。

Stars and Stripes and ISO Codes (2014-12-03)

これは米国の市場に事業を拡大した、前途有望なフランスのスタートアップ企業の実話です。創設者は現在西海岸地域に事務所を所有しており、開発したアプリは完全に英語に翻訳されています。当たり前のようですが詳細について述べると、同社のウェブサイトを英語版に切り替えるためには、英国の国旗であるユニオンジャックをクリックしなければならないということです。

国旗に関する危険信号

これは笑い事ではありません。この話も例外ではないのです。欧州で最も勢いのあるテック企業の1つであるBla Bla Carは、世界13か国で事業を展開している真の国際企業です。しかし奇妙なことに、11か国の国旗しかBlaBla Carの言語別バージョンの選択リストに掲載されていないのです。どの国が欠けているのでしょうか? ベルギーとルクセンブルクが、多言語国家であるという「欠点」があるだけでリストから除外されているのです。オランダ語を話すベルギー人ユーザーはオランダの国旗をクリックする、また米国のユーザーは英国の国旗をクリックする必要があるということは、文化的な過失です。ウクライナ人のユーザーがロシアの国旗をクリックするとすれば、政治的な怒りを生み出す可能性さえあります。

F1_blabla

Bla Bla Carの言語選択機能

言語別バージョンのリンクは、国際的なウェブサイトのナビゲーションにおいて重要な要素となっています。しかし、多くのウェブデザイナーは依然として国家と言語を混同しているのです。「英語の国旗は何か?」は、奇想天外でありながらも、欧州(そしてほぼ間違いなく世界中の)のあちこちのウェブ事務所においてよく耳にする質問です。この質問に対する明確な答えは、言語に国旗はないということです。しかし、これは国旗がウェブサイト上で使用されるべきではないということを意味しているのでしょうか?

皆さんはes-MX(メキシコスペイン語)を話しますか?

正直に言うと、国旗はサイズが小さく、色とりどりで、画面の右の隅に配置することができる便利な16ピクセルのアイコンなので、デザイナーに人気があります。時には、本当に限られたスペースの中で対応しなければならない場合があるのです。私たちは数か月前に設立したスタートアップ企業であるClubbleにおいて、完成前のウェブサイトの設定を行っていた際にこの問題に直面しました。デスクトップ版のウェブサイト上では「英語」、「フランス語」及び「スペイン語」を大きな文字で喜んで表記しますが、モバイルデバイス版はどうすればよいのでしょうか?

私たちは、即時に理解できるような言語選択リストを必要としており、いかなる言語もドロップダウン式のリストに隠したくないと考えています。この問題に対する対処法は、「言語を表現するための有益で国際的、かつ正式な略称」であるISOコードです。英語は「en」、フランス語は「fr」、スペイン語は「es」のように表記されます。ISOコードには、アメリカ英語「en-US」、ブラジルポルトガル語「pt-BR」、またはメキシコスペイン語「es-MX」のように、言語の異形も含まれています。(注意していただきたいことは、最初の部分は小文字で表記されており、EUの公式ウェブサイトのように、言語コードは常に小文字で表記されるべきだという純粋主義者による議論を引き起こしているということです。)

ClubbleのモバイルWebサイトにある言語ISOコード

ClubbleのモバイルWebサイトにある言語ISOコード

ISOコードが自分のデザインに適さないからといって、独自の略称を作成しようという衝動にかられないようにしましょう。スイスの公式ホームページの訪問者は、英語のみのウェブサイトしかないことに驚くかもしれません。しかし、フランス語、ドイツ語及びイタリア語版のウェブサイトも存在しています。これらのサイトは、小さなFやD、Iで表示されたリンクに隠されているだけなのです!

gov.ch.の隠された言語を選択できる機能

gov.ch.の隠された言語を選択できる機能

強力な言語選択機能の1つは、ユーザーが使用している言語、または国別のブラウザの言語、そしてIPアドレスを自動的に特定することです。しかしながら、常にユーザーが誰であるか、及びユーザーがどのコンテンツを欲しているかを特定できるわけではないので、優れたデザインで、かつ容易にアクセスできる言語選択の代わりになることはできません。先日スペインを旅行した時に 、私がnike.frへアクセスしようとしたり、国を選択する際にフランスを選択するなどあらゆる方法を試みたにもかかわらず、nike.comはフランス語版のウェブサイトにアクセスさせることを頑なに拒否しました。

国はその言語以上のもの

ドイツ語版はドイツ用のバージョンと同じものではありません。オーストリアまたはスイスのユーザーが、ドイツ語で地元のレストランの評価や口コミを閲覧していたとします。だからといって、このユーザーがドイツにあるレストランに興味があるとは言いきれません。アプリやウェブサイトをローカライズする際に、皆さんは自社の製品をある特定の国に順応させるために、翻訳以上のことを行うでしょう。同じ話し方を共有する人々よりも、同じ法及び習慣の下にある場所について考えてみましょう。ドメイン名に対しても同じ法則を適用することができます。「.de」はドイツ語という言語ではなく、ドイツという国を表しています。この場合、ユーザーの文化に合わせたバージョンを提供していることをユーザーに知らせるために国旗を使用することは、素晴らしいアイデアだと思います。

Mercado Libreの国を選択する機能

Mercado Libreの国を選択する機能

Eコマースサイトは、大部分のサイトが翻訳だけでなくローカライズされているので、国旗と言語間の混同が少ない傾向があります。海外の市場で販売するということは、現地の法律に従い、現地の通貨で支払いを受け取り、クライアントの文化を理解し、そして時には国外へ商品を郵送するということを示唆しています。おそらく皆さんのウェブサイトは、1つではなく、言語と国という2つの選択リストがあると思います。もしくは3つのリストを提供しているかもしれません!

Keen Footwear and Skyscannerの国と言語を選択する機能

Keen Footwear and Skyscannerの国と言語を選択する機能

中央の言語

言語名でリンクをラベル付けする際は、名前自体もローカライズしましょう! すなわち、「ベトナム語」、「ロシア語」及び「ヘブライ語」と表記するのではなく、「Tiếng Việt」、「Русский」及び「עברית」と表記するようにしましょう。 Facebookや Wikipediaの言語選択リストは、素晴らしい模範例となっています。

Facebook と Wikipedia の言語選択機能

Facebook と Wikipedia の言語選択機能

多くの場合、文化は敏感な問題です。例えば、「スペイン語」という名称をどのようにローカライズしますか? 答えは簡単で、もちろん「español」だと思われるかもしれません。しかし、この単語は図らずも言外の意味を持っているのです。カタロニア語やバスク語のような強い地域アイデンティティと言語で有名なスペインの国家的なコンテキストにおいて、(カスティーリャと呼ばれるスペインの歴史的な地域名から派生した)「castellano」という単語が頻繁に使用されていますが、これはこの単語がイベリア半島の全ての言語を同じレベルで扱うことができるからです。南米を6か月間かけて旅行した際、私は「castellano」という言葉をたくさん耳にしましたが、おそらく「español」が植民地時代の印象を与える言葉であると考えている人々によって使われていたと思います。 多くのウェブサイトやアプリケーションが2種類のスペイン語のバージョンを提供しています。1つはスペイン用、もう1つは一般的に「español latinoamericano」と称されているラテンアメリカ諸国用です。

La Moncloa (スペイン政府本部)の言語選択機能

La Moncloa (スペイン政府本部)の言語選択機能

私はジャーナリスト兼東洋学者であるSilvia Romanell氏に、何も知らずに「中国語」は中国語でどのように言うかと尋ねた時、中国の言語の名を正しく言うことは容易ではないと悟りました。ISOは中国語をマクロ言語と呼んでおり、すなわち多くの言語や方言の語族となっています。さらに、中国の言語は表意文字を使用するため、書き言葉である文(ウェン)と話し言葉である语(ユー)の間には大きな違いがあるのです。なので、音声を基盤としたアプリを設計しない限り、リンクには「中文(ゾンウェン)」という、文字通り中央の言語(中国は中国(ゾングォ)と読み、中央の王国という意味になります)とラベル付けしましょう。

待ってください、これで終わりではありません! 毛沢東の思想の下に成り立っている中華人民共和国では、中国語の漢字は簡略化されているため、現在では2種類の書体が存在します。简体中文 (簡略化されたもの)と繁体中文(伝統的なもの)です。繰り返しになりますが、伝統的な書体は主に台湾で見られるので、これも政治的な問題に発展する可能性があります。それゆえSilvia Romanelli氏は、Facebookが行っているような「中国用の中国語」または「台湾用の中国語」ではなく、 「簡体字」または「繁体字」のように、Global Voices のような国にとらわれないアプローチに従うことを推奨しています。

Global Voices の言語選択機能

Global Voices の言語選択機能

思い切って前進しましょう

皆さんは、文字符号化に関するバグが無く、上手く要約されていない長い文章も無く、そして国旗や言語に関する感情的または政治的な問題も無い、英語による素晴らしいアプリを手にしました。今、自国で設計を行うという心地よさを捨て、見知らぬ文化と文字の集合体という外国の土地へと足を踏み入れます。しかし、実際に脅威であると思われるものは機会です。退屈かつ複雑であるため、国際化というものはしばしば見過ごされがちです。もし皆さんが素晴らしくローカライズされたUXを提供できれば、大部分の英語以外の言語を話すユーザーにとっては、現在でも未だに嬉しい驚きとなるでしょう。傑出する素晴らしい方法、これこそ私たちが探し求めていたものではないでしょうか。