JavaScriptでリダイレクトする方法

リダイレクト(画面遷移)させる時にアンカータグ(<a>)ではなくJavaScriptで処理させる方法です。

JavaScriptでリダイレクトするには

window.location.href

location.hrefプロパティにURLを代入しないと、現在開いているサイトのURLを取得することができます。

window.location

location.hrefプロパティにURLを代入することによってリダイレクトさせることができます。
location オブジェクトに直接 URL 文字列を代入しても同じ結果になります。書き方は以下のようになります。

window.location.href = "url";  // 書き方

window.location.href = "https://www.google.co.jp/";  //googleへリダイレクトする
window.location = "https://www.google.co.jp/";  // 直接代入しても同じ

HTMLのリンクと同様にリダイレクト前のページをブラウザの履歴に残すことができます。「閲覧ユーザーがどこのサイトから訪問したのか、サイトの中でどのような動きをしたのか」などを調べることができる、HTTPリファラも送信します。

location.assign

assignメソッドを使ってもリダイレクトさせることができます。このメソッドも履歴を残し、HTTPリファラも送信します。書き方は以下のようになります。

window.location.assign("url");

location.replace

replaceメソッドでページを移動すると履歴が残りません。そのためブラウザの戻るボタンで前のページに戻ることができなくなります。書き方は以下のようになります。

window.location.replace("url");

「window.location」は「document.location」または、省略して「location」でも記述可能です。また、JavaScriptでリダイレクトする方法は上記の他にもいくつかあります。


イベント